バイク王の買取は評判が悪い【高く売りたいなら評判は気にしない】

バイク王の評判が気になる人
バイク王でバイクを売っても大丈夫かな?
ネットで悪い評判を見かけるけど本当?
評判がよく高額査定してくれる買取業者も知りたいな…
バイク王の評判を教えてください

テレビ、ラジオ、YouTubeなどでたくさん宣伝していて有名なので、バイクを売るのに「バイク王」で売ろうと検討している人も多いと思います。

ですが、ネットでの情報を見てみると悪い評判も目につきます。

結論からいうと、ネットで見るような悪い評判のようなことはありえます。

だからといってバイク王では売らないという決断をするのは待ってください。

バイク王が1番高く売れる可能性もあるので、この記事を読んでから判断しても遅くはないです。

この記事を書いている私は、バイク王でバイクを売ったこともありますし、いろいろな買取業者で売ったこともあり、ネットに書いてあるような悪い評判もうなずけるようなことも多く経験しています

このような経験からバイク王の評判や高く売るコツを解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

バイク王の悪い評判

ネットの掲示板やSNSで見かける悪い評判はこんな感じです。

  • 査定額が安い
  • 査定員が帰らない
  • 査定員の態度が悪い

実際にこのようなことがあれば悪い評判を書かれてもしょうがないです。

たしかに私も経験したことがあるような内容ですが、過去の情報であることが多いです。

今は、かなり少なくなっていると思います。

では、それぞれ解説していきます。

査定額が安い

バイク王の査定員が来て、実際に査定してもらって金額を聞くと驚くほど安い金額を言われます。

査定員も最初からは絶対に最高金額は言ってきません。

バイク王のホームページでは「無料お試し査定」というものがあり、高い査定額を提示してくるので、この価格で売れるものだと思ってしまいます。

ですが、実際の査定額はかなり低いので、だまされたと感じてしまいます。

あたりまえの話なんですが、買取業者は安くバイクを買いたいもんです。

なので交渉して査定額を上げていく必要があります。

交渉ができなくてバイクを安く買い叩かれてしまうと悪い評判となってしまうことが多いです。

査定員が帰らない

査定額が安かったり、他社と比較したいから帰ってもらおうとしても、なかなか帰ってくれません。

意地でもバイクを持って帰ろうとします。

もちろん「無料出張買取」などと言っている以上は商談が成立しなくても出張料や査定料はとられることはないですが、買取業者も遊びでやっているわけではないので、手ぶらで帰るわけにはいきません。

なので、バイク王も安い金額でバイクを売ってくれと、ねばります。

交渉して納得いく金額まで上げてくれれば問題なく商談を成立させることもできますが、なかなかうまくいかないのも事実です。

「◯◯円なら売りますけど、それ以下なら売りません」

なんて会話をしていき、売らないと決めたらキッパリ断って、中途半端な交渉はしないでください。

結局、長時間ねばられてしまい疲れてしまいます。

査定員の態度が悪い

最初から態度の悪い査定員はなかなかいないですけど、商談が成立しないとイライラして態度が悪くなってくることはあります。

上記で説明した「査定員が帰らない」の話に似てますけど、査定員がねばっているときに本性がでてきます。

そして、高圧的な態度になり強引に商談を成立させようとする人もいるかもしれません。

査定員の態度が悪くても、冷静に判断していきましょう。

バイク王の評判が悪い原因

結局のところ、すべての悪い評判の原因は「買取価格が安い」です。

先ほども書いたとおり、最初から高額査定をだしてきてくれないことも問題ですが、バイクのオーナーが「自分のバイクがいくらで売れる」をわかってないことが原因であることもあります。

いくら頑張って交渉しても相場以上の価格になることはありえません。

「自分のバイクはもっと高く売れるはず」と思ってしまうと、なかなか納得いく金額にたどりつくことが難しくなります。

最初から納得のいく査定額なら買取業者とのやりとりはとてもスムーズにいきます。

自分のバイクがいくらで売れそうなのかもわかっていれば交渉もしやすいので、バイクを売るときは他社と比較して査定額を調査しておくと楽です。

バイクを気持ちよく売ってイヤな思い出にしないようにするにはオーナーも相場価格のリサーチや交渉を頑張る必要があります。

他の買取業者の評判は?

バイク王の他にも買取業者はたくさんありますが、他の業者も似たようなもんです。

バイク王の悪い評判が多く目につくのは、それだけバイク王でバイクを売っている人が多いということだけです。

他の買取業者でも態度が悪い査定員もいますし、なかなか帰ってくれないこともあります。

どの業者もバイクを安く買いたいので、同じような流れで話は進んでいきます。

悪い評判はバイク王にかぎったものではなく、どの業者でもありえることでもあり、査定にきた人によって変わるものなので、一概にバイク王だけが悪いという考え方は捨てたほうがいいです。

バイク王の良い評判

ネットでバイク王の評判を見ていても悪い評判だけではありません。良い評判もたくさんあります。

  • バイクが高く売れた
  • 不動車でも売れた
  • 手続きが簡単

バイク王なら不動車や故障車でも買取ってもらえますし、必要な書類などがそろっていれば手続きもかんたんに終わります。

不動車などは処分するのにお金がかかると思っていたのに、無料で引き取ってもらえたり、なんなら少しお金をもらえて喜んでいる人もいます。

やはり、バイクが高く売れたり、納得いく査定額であれば良い評判になりやすいです。

このような評判がバイク王は高く売れる可能性がある買取業者だともいえることになります。

バイク王はご自宅までバイクの無料出張買取!書類手続きも無料で代行します!

バイク王の買取価格が高い理由

バイク王は他の買取業者とは違って、流通網が多いので、他店よりも高額買取することが可能です。

流通網の他にも在庫管理コストや配送コストもおさえることによって、そのコスト削減したぶんを買取額に反映させています。

バイクを売るときは他社と比較しますが、私の体感的にもバイク王が最高額になることがよくあるので、バイク王で売ってしまうことが多いです。

かならずしもバイク王が1番高く売れるわけではないですけど、高く売れる可能性はある買取業者なので、評判が悪いからといって査定してもらわないのは損をしてしまうことになるので注意してください。

バイク王で高く売るコツ

バイクを納得のいく価格で売りたいなら他社と比較することが大事です。

できれば3社くらいで査定してもらえば、相場の価格に近くなり、自分のバイクがいくらくらいで売れるのか把握することができます。

なので、バイク王が1番高く売れる可能性を秘めているので、3社目に査定してもらえば話がスムーズにいきます。

「1社目では◯◯円、2社目は◯◯円で買取ってくれるみたいですよ」

なんて会話をしてしまえば、それより安い金額はあまり言ってこないです。

もちろん1社目、2社目で納得いく査定額になれば売っても大丈夫です。

何社も査定してもらうのは時間の無駄ですし、悪い評判の「査定員がなかなか帰らない」ようなことがおこり、神経をすり減らす作業です。

バイクを高く売りたい気持ちはわかりますが、ある程度のところで納得して気持ちよく商談を成立させるのも大事です。

オススメの買取業者です。

バイク王以外にもいろいろな買取業者があるので、探してみてください。

スポンサーリンク

高く売りたいなら評判は気にしない

バイクを高く売りたいなら買取業者の評判は気にしないで大丈夫です。

バイク王でも、他の買取業者でも、いちいち評判を気にしていてもなにもはじまりません。

実際のところバイクを売りたい人が買取業者に求めることは

高く売れさえすればOK

だけです。

査定員の態度が悪くても我慢すればいいだけですし、なかなか帰らないといっても断り続ければいつかは帰ります。

実際にどんな査定員がくるのかもわかりません。

悪い評判のようなことがおこらないとは絶対に言いきれないですが、そのようなことがおきてしまうかもしれないと思って準備をして覚悟をしておけば我慢もできるはずです。

高く売りたいなら評判ばかり気にするよりも、まずは査定にきてもらいましょう。

バイク王はご自宅までバイクの無料出張買取!書類手続きも無料で代行します!

人気記事【安い】ワークマンで買えるバイク乗りにおすすめの商品10選
人気記事バイクを売るときの手順【損をしない売り方を徹底解説】




任意保険は比較で安くなる!!

バイクの維持費を安くする一番かんたんな方法は任意保険の料金を見直すことです。
保険会社も複数あり、おなじ補償内容でも保険料は変わってくるので、他社と比較することが必要です。
通販型とよばれる「ダイレクト系保険会社」は中間コストを削減できるため、バイク販売店などの代理店型より保険料を安くすることができます。
保険料が安くなればカスタムしたり、ツーリングの回数を増やしてバイクライフをより楽しくすることができます。
このまま高い保険料を払い続けて、損をするまえに任意保険を見直してみましょう。

【最短3分】一括見積もり【無料】
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー