バイクを売るときの下取りと買取の違い【高く売れるのはどっち?】

バイクを売りたい人
バイク売るのに「下取り」や「買取」とかあるみたいだけどなにが違うの?
結局どっちが高く売れるの?
「下取り」と「買取」の違いを教えてください
このような疑問に答えます。

「下取り」と「買取」は、どっちもバイクを売るということに変わりはないです。

下取りは次の新しいバイクに乗り換える前提の売り方なので、バイクを売りたいだけの人は買取の一択になります。

どちらもメリット、デメリットがあり状況や環境にあわせて自分にあったほうで売るのが望ましいです。

私も両方のやり方でバイクを売った経験がありますが、一概にどっちの売り方がただしいとは言えません。

買取価格も一般的には買取のほうが高いと言われていますけど、下取りでも高く売れた経験もあります。

このような経験から「下取り」と「買取」の違いを解説していきたいと思います。

この記事でわかること
下取りと買取の違い
どちらが高く売れる
スポンサーリンク

下取りと買取の違い

下取りはバイクを売った店舗で新しいバイクを購入することです。

下取り = 乗り換え
買取  = 売るだけ

このように覚えておいてください。

買取はバイク販売店でもやってくれますが、この記事での「買取」は買取専門業者のことをイメージして書いていきます。

このような業者です。バイク王くらいなら聞いたことがあるのではないでしょうか。

バイクを売ることができる場所については別の記事にまとめてあるので参考にしてください。

関連記事:バイクはどこで売ることができるの?【メリット・デメリットを解説】

では、「下取り」と「買取」のメリット、デメリットについて解説していきます。

下取りとは

新しいバイクを買う店舗でそれまでに乗っていたバイクを売ることです。

買取価格は新しいバイクの購入価格から引かれます。

新バイクの購入価格が50万円
旧バイクの買取価格が30万円

このような状況であれば、残りの20万円を払えば新しいバイクを購入できます。

下取りはお金の移動が少なく、手続きもかんたんにできるので乗り換えが楽にできます。

下取りのメリット

いきつけの店だと高く売れる

所有しているバイクを買った店舗だったり、仲の良いバイク屋さんであれば高い買取価格をつけてもらえることもあります。

買取価格はバイク屋さんが自由に決めていいので、相場よりも安くすることも高くすることもできます。

買取価格が高くなるというよりも、新しいバイクを値引きしてくれるという感覚です。

いきつけの店であればメンテナンス状況も把握していると思うので、そのぶん高く買取ってくれることもあります。

下取りはバイク屋さんの判断しだいで高くなることもあります。

乗り換えがスムーズにできる

新しいバイクへの乗り換えは圧倒的に下取りのほうが楽です。

バイクを売る買うが同時にできるので手続きも少なく、新しいバイクの納車日に乗り換えることができます。

バイクを所有してない期間がないので、通勤で毎日バイクに乗る必要がある場合でも安心です。

移動手段がなくなると困る人は下取りがオススメです。

下取りのデメリット

買取価格が安い

基本的に下取りは安いと言われてます。

上記でも書いたように、いきつけの店があるような場合でないと安いです。

その店舗の在庫状況や買取しても問題なさそうなバイクなのかも影響してきます。

私も初めていく店で査定してもらうとだいたい安いです。恐ろしく安いです。

交渉すれば多少はアップしますけど、とりあえず最初は安い金額を提示してきます。

まぁ、あたりまえの話しですね。

バイク屋さんは安く仕入れて高く売る商売なので…

このあたりも理解しておきましょう。

相場価格がわかりにくい

下取りで何件か査定してもらっても店舗ごとでバラバラなので平均的な買取価格がわかりにくいです。

その店舗の在庫状況なども関係してくるので、欲しいバイクなら高く買い、いらないバイクなら安く買います。

少しでも高く売りたいと思うならバイク王の無料お試し査定で相場価格を調べておくと判断しやすいです。

バイクを売るならバイク王

買取とは

ただバイクを売るだけです。

バイク販売店
出張買取業者

レッドバロンのような中古バイクをあつかっている店や、出張買取で有名なバイク王などで売ることができます。

実はレッドバロンも出張買取をしてますし、バイク王は店舗もあるので差別化するのが難しい2店舗です。

今回はバイク王のような出張買取にチカラを入れている買取業者をイメージして書いています。

買取のメリット

高く売れる可能性がある

買取専門業者のほうが高く売れる可能性はあります。

単純に流通網が多いので、高く買取してもその後に売ることができるからです。

業者間オークション
ダイレクトショップ

こなような方法で買取したバイクを売ってます。

買取してからバイクを売るまでの期間が短ければ在庫管理コストもかからないので高く買取することができます。

詳しくはバイク王が高価買取できる理由を見てもらえるとわかりやすいです。

関連記事:バイク王の買取は評判が悪い【高く売りたいなら評判は気にしない】

買取業者の選択が自由

バイクの買取をしてくれる業者はたくさんあります。

下取りだと次のバイクを購入する店でしか売ることができないですが、出張買取なら自由に選択することができるので安心です。

バイクを高く売るためには他社と比較することが重要なポイントとなります。

高く買取してくれる業者を見つけましょう。

買取のデメリット

手続きが多くなる

バイクを売る手続きとバイクを買う手続きがバラバラになるので手間になります。

下取りであっても似たようなことはするので、一緒にやるか別々にやるかくらいの差です。

このくらいは我慢しましょう。

移動手段がなくなる

出張買取だと査定に来てくれた日にバイクを持っていかれてしまうので新しいバイクが納車されるまで移動手段がなくなってしまいます。

週末くらいしかバイクに乗らないなら問題ないですけど、通勤などで使っていると困ります。

新しいバイクを購入した店舗が家から遠いとちょっとめんどうです。

スポンサーリンク

「下取り」「買取」高く売れるのは?

結論からいってしまう、どちらでも高く売ることはできます。

一般的には

下取り = 安い
買取  = 高い

と言われています。

結局のところバイクを売る側からしてみれば高く売って新しいバイクを安く買えればいいだけなのでどちらかにこだわる必要はありません。

両方に査定してもらい高い方に売ればいいだけです。

バイク高価売却のテクニックを知りたいなら…・

下取りで高く売るには

下取りでも買取でも他社と比較するのが大事です。

まずは各社の無料お試し査定などで買取価格の相場を調べておきましょう。

サイトにでてくる買取価格は最高額なので、そこからバイクの状態などで減額されていきます。

最高額で売れることはないと思ってください。

実際に査定してもらえば、より正確な価格がわかります。

納得いく買取価格で絶対に下取りである必要がなければ売ってしまっても大丈夫です。

買取価格の相場を知らなければ高く売るための交渉は難しいです。

まずは自分のバイクがいくらくらいで売れるのかを調べましょう。

下取りしてくれる店舗で交渉する

相場価格がわかったら新しいバイクを購入する予定の店舗にいき交渉してみましょう。

「◯◯社なら◯◯円で買取してくれるみたいです」

「◯◯円で下取りしてくれるなら本日中に契約しますよ」

このような会話をすると買取業者と同じかちょっと低いくらいで下取りしてくれることもあります。ワンチャン高くすることも可能です。

私の場合だと査定額がちょっと低いくらいなら乗り換えのスムーズさから下取りで売ってしまいます。

このように「下取り」でも「買取」でも他社と比較して査定額を把握していれば、どちらでも高く売れる可能性はあります。

チャレンジしてみましょう。

人気記事【安い】ワークマンで買えるバイク乗りにおすすめの商品10選
人気記事バイクを売るときの手順【損をしない売り方を徹底解説】




任意保険は比較で安くなる!!

バイクの維持費を安くする一番かんたんな方法は任意保険の料金を見直すことです。
保険会社も複数あり、おなじ補償内容でも保険料は変わってくるので、他社と比較することが必要です。
通販型とよばれる「ダイレクト系保険会社」は中間コストを削減できるため、バイク販売店などの代理店型より保険料を安くすることができます。
保険料が安くなればカスタムしたり、ツーリングの回数を増やしてバイクライフをより楽しくすることができます。
このまま高い保険料を払い続けて、損をするまえに任意保険を見直してみましょう。

【最短3分】一括見積もり【無料】
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー