【経験談】バイクの個人売買はトラブルになりやすい【解決策あり】

バイクを個人売買したい人
バイクを個人売買したいけど大丈夫かな?
ちゃんとお金払ってくれるかな?
個人売買はトラブルが多いみたいだから心配だな…
バイクを個人売買するとどんなトラブルがあるのか教えてください

バイクを売る時に少しでも高く売りたいから個人売買をしようと思いますが、やめましょう。

バイクや手続きに詳しい人なら問題になるポイントがわかるので、トラブルを未然に防ぐことも可能です。

素人は無理です。素直に買取業者に頼みましょう。

私も個人売買でバイクを売ったことが何回かあります。

ですが、すんなり気持ちよく取引が終わった事はあまりありません。

最後は

「面倒くさいな…買取業者の方がよかったな…」

となります。

合計で50万円位と多くの時間を損してます。

バイク売る人も買う人もトラブルになるポイントを覚えておきましょう。

スポンサーリンク

バイク個人売買のトラブル

お金を払ってくれない
名義変更してくれない
キャンセルされる
クレームがくる

このようなトラブルがあります。

はい、面倒くさいです。素直に買取業者に頼みましょう。

バイクを売るならバイク王

個人売買は絶対にやめましょう。

で、終わりたいところですが、諦めきれないと思うので詳しく説明します。

関連記事:バイクを売るときの手順【高く売るためにやるべきことを徹底解説】

お金を払ってくれない

バイクを渡した後にお金を払ってくれなくなります。

バイクを買う前は、ちゃんと払うつもりでも、いざバイクに乗り出すとガソリン代や保険料で金欠になっていきます。

分割払いにすると

「今月、ちょっとキビシイから来月まとめて払うよ」

なんてことになります。

給料が入ったら払う
来月は絶対に払う
今度まとめて払う

このような言葉が出たら後はズルズルいくだけです。

売る側が請求するか、取り立てに行かないと払ってくれません。時間の無駄です。

バイクを高く売りたいから個人売買したのに、お金が貰えなければ意味がありません。

名義変更してくれない

バイクを買った人が名義変更してくれない場合があります。

名義変更をお願いしても

時間がない
来週いく予定

など言われてしまいます。

最悪、名義変更してくれないまま連絡が取れなくなります。

名義変更しないと

バイクは、ずっとあなたの所有物となります。

税金の請求
駐禁の請求
事故の請求
犯罪の疑い

上記の事が発生する可能性があります。

名義変更をしないと面倒くさい事に巻き込まれます。

必ず名義変更しましょう。

スポンサーリンク

キャンセルされる

売る直前でキャンセルされる事もあります。

キャンセルされただけなら、また売ればいいだけですが、売ったお金で新しいバイクの購入を予定してたら最悪です。

予定が完全にくるいます。

お金に余裕があれば、なんとかなるけどバイクの売買だと高額になるので、なんとかならない事が多いです。

バイクの売買が成立して、ちゃんとお金が支払われてから次のバイクを買いましょう。

クレームがくる

売った後にクレームが来るのが、1番こまります。

エンジンがかからない
バッテリーが上がった
フレームが歪んでる
タイヤが交換時期
バイクが遅い

何でもかんでも言ってきて、値引きしようとする人もいます。

全額もらっていれば返金しなければいいだけですが、分割だと払ってもらうのが難しくなります。

「全額返金するからバイクを返してくれ」

と言っても返してくれません。

このような詐欺まがいの事もおこるので、個人売買には注意しましょう。

個人売買でトラブルに
ならないようにするには?

個人売買をしなければいいだけです。

大事なことなのでもう一度言います。

個人売買は絶対にやめましょう。

バイクを売るならバイク王

ヤフオクやメルカリの個人売買は、本当に危険なのでやめた方がいいです。

親しい友人や身近な人は、まだトラブルになりにくいので条件が当てはまれば、損する覚悟で売りましょう。

一括払い
現車確認
名義変更後に納車
ノークレームの念書
整備歴を教えて安く売る

これらを守ればトラブルは少なくなります。

一括払い

お金は一括払いに限定しましょう。

分割払いは絶対にダメです。2回払いもダメです。

金額にもよるけど、2回で払えるなら一括でも大丈夫なはずです。お金が貯まるまで、待ってあげましょう。

例えばバイクを30万円分割で売ることになったら

月々の支払い3万円×10ヶ月

となります。

10ヶ月も売った人を監視しないといけません。

入金の確認
入金の催促
逃げてないか
支払い能力はあるか

10ヶ月も他人からの入金を気にしながら生きるのは苦痛です。

バイクを売る時は一括でお金をもらいましょう。

現車確認

買う人にバイクを見てもらい納得して買ってもらいましょう。

写真や話した情報だけだと、実際にバイクを見たときにイメージと違うこともあり、突然キャンセルされる可能性もあります。

タイヤの溝がない
オイル漏れしてる
色が写真と違う
サビが多い

買う人が気にいらなければお金は支払われません。無理して買ってもらってもクレームが発生するだけです。

必ずバイクを見てもらい、故障箇所や整備歴を話してから決断してもらいましょう。

名義変更後に渡す

名義変更はバイクを渡す前にやりましょう。

買ってもらった相手にまかせても名義変更をしてくれない事が多いです。

買った人は名義変更の重要性がわかってないし、面倒くさいです。

そもそも売る人買う人が2人ともやり方がわかってない事があります。友達同士がバイクの売買でトラブルになってたので、助けた事もあります、、、つかれる、、、

一緒に陸運局に行くなどして確実に名義変更が完了したことを確認してください。

ノークレームの念書

バイクの売買をするときは契約書やノークレームの念書を書いてもらいトラブルに発展しないようにしましょう。

売る時に

「ノークレーム、ノーリターンでお願いね」

なんて口約束はではトラブルのもとです。

書面にサインしてもらって、クレームの時に見せてあげましょう。

トラブルが起きれば最悪裁判なんて事もありえます。

契約書、念書を作成してトラブルに備えましょう。

整備歴を教えて安く売る

安く売るのが1番トラブルが少ないです。

買った側も安ければ文句も言ってこないです。

その際に整備歴や故障箇所もしっかりと伝えましょう。

私の経験談で言えば、消耗品の交換が重なるタイミングがあったので売るか迷ってたら20万円で買いたいと言う人がいたので10万円で売りました。

もう個人売買でトラブルになるのがイヤなので…

私がザッと計算しても消耗品を交換するのに10万円位はかかるのがわかってたので、最終的には20万円以上かかる事を全部説明して納得してもらい売りました。

買った本人は安くバイクが買えたと最初は喜んでましたが、後日に合った時に聞いたら、やはり整備代や保険料などで10万円以上はかかったと言ってました。

それでも、なんとか予算内でバイクに乗れたと感謝されました。

ちなみに買取業者に査定もしてもらいましたが、やはり買取価格10万円でした。

正直、個人売買の利点「高く売る」はできなかったですが、1番気持ちよく取引することができました。

無理に高く売ろうとするとトラブルはおきやすいです。

バイクの知識があれば適正な価格で売ることができてトラブルにはなりにくいです。

今回は以上になります。

個人売買は慎重にやらないとイヤな思い出にしかなりません。

面倒くさいし、時間の無駄です。

最後にもう一度言います。

個人売買はやめておけ

業者に頼め

バイクを売るならバイク王

人気記事【安い】ワークマンで買えるバイク乗りにおすすめの商品10選
人気記事バイクを売るときの手順【損をしない売り方を徹底解説】




任意保険は比較で安くなる!!

バイクの維持費を安くする一番かんたんな方法は任意保険の料金を見直すことです。
保険会社も複数あり、おなじ補償内容でも保険料は変わってくるので、他社と比較することが必要です。
通販型とよばれる「ダイレクト系保険会社」は中間コストを削減できるため、バイク販売店などの代理店型より保険料を安くすることができます。
保険料が安くなればカスタムしたり、ツーリングの回数を増やしてバイクライフをより楽しくすることができます。
このまま高い保険料を払い続けて、損をするまえに任意保険を見直してみましょう。

【最短3分】一括見積もり【無料】
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー