ローン返済途中でもバイクを乗り換える方法【ローン中でも売れます】

バイクを乗り換えたい人
バイクを乗り換えたいけど、まだローンが残っているからダメだよね?
支払いが終わってないとバイクは売れないのかな?
残りの金額を一括払いで終わらせることはできるの?
ローン返済途中でもバイクを乗り換える方法を教えてください
このような疑問に答えます。

バイクはローン返済途中でも売ることはに可能です。

安心して乗り換えの検討をしてください。

無理してローンを払い終わってから乗り換えを予定しても買取価格が下がってしまい、結果として損をしてしまうこともあります。

私も1度だけローン返済途中で乗り換えをしたことがあります。

そのときは、知識もなく店員さんに言われた通りに書類を書いただけで問題なく乗り換えることができました。

なので、難しい知識はいらないので、ローン返済途中でもバイクが乗り換えたくなったら売ってしまいましょう。

スポンサーリンク

ローン返済途中でもバイクを乗り換える方法

冒頭でも書いた通りローン返済途中でも問題なくバイクを売って乗り換えることができます。

買取業者に売る
残債を一括返済

このような方法で売ることができます。

買取業者に売る

これが1番かんたんな方法です。

これらの買取業者はローン返済途中のバイクでも売ることができます。

めんどうな手続きを代行してくれたり、いろいろ手伝ってくれます。

まずは買取業者に連絡して

「ローン返済途中ですけどバイクを売れますか?」

と確認してみてください。

どこでも売れるわけではない

ローン返済途中でも多くの買取業者が対応してくれます。

ですが、バイク買取をしている全ての業者が大丈夫だと思わないでください。

中古バイク販売店のレッドバロンやSOXでも売ることは可能ですが、小規模店舗などでは対応してないこともあるので注意してください。

もし、小規模店舗で新しいバイクを購入予定で、下取りにだすなら最初にローン返済途中ということを最初に伝えてください。

いざ手続きを進めてみたらローン中で買取できないなんてことになると話がめんどうなことになります。

対応してないなら上記で紹介したような買取業者で売るしかないので、買取価格が変わってしまい予定がくるうこともあるので気をつけてください。

残債を一括返済

ローンの残りの金額を全部一括で払ってしまえば終わります。

ローンさえ終わってしまえば、あとは自由に売ることができます。

一括で終わらすとなると金利の関係もあり想像しているより安いこともあります。

まずは信販会社(ローン会社)に問い合わせて残りの金額を確認してください。

ローン返済途中でも売れる理由

最初に覚えておいてもらいたいのが、ローン返済途中のバイクの所有権が誰なのか?ということです。

本人
ローン会社
バイク販売店

どれかになっているはずです。

所有権が「ローン会社」や「バイク販売店」だと本来ならバイクを売ることはできないです。

手続きをすることにより所有権を本人にすることが可能なので、このめんどうな手続きを買取業者がやってくれたり、手伝ってくれるのでローン返済途中のバイクでも売ることが可能になります。

なぜ所有権がローン会社なの?

ローンが支払えなくなったときのための担保です。

ローンは毎月お金を支払っていればなにも問題はないですが、もしなんらかの事情で支払いが滞るとローン会社は困ってしまいます。

そんなときはバイクを差し押さえ売却して残債額にあてます。

なのでローン返済途中のバイクの所有者は「バイク販売店」や「ローン会社」になっています。

所有権の確認方法

確認方法はバイクを買ったときにもらった車検証などに記載されています。

・125cc以下
 標識交付証明書
・126~250cc
 軽自動車届出済証
・251cc以上
 車検証

これらに記載されている所有権を調べておきましょう。

所有権が本人の場合

ローンでバイクを購入しても所有権が本人になっていることもあります。

この場合はなにも問題なくバイクを売ることが可能です。

難しい手続きも必要ありません。

もちろんバイクを売ったあともローンは残ります。

なので、売ったお金で残りの金額を一括で払い終わらせることをオススメします。

バイクがないのにローンだけ払い続けるのは苦痛です。

所有権が本人以外の場合

所有者が「バイク販売店」や「ローン会社」になっているなら所有権を本人にしないとバイクを売ることができません。

なので、ローンを終わらせて所有権を本人にする必要があります。

所有権はローンが終われば自動的に変わるものでもないので注意してください。

自分で手続きをするか買取業者に代行でやってもらうこともできます。

所有権を変更する方法

①ローン会社から完済証明書をもらう
②陸運局で名義変更の申込書をもらう
③申込書を記入(販売店の押印も必要)
④必要な物をそろえて陸運局で申請する
⑤書類などに不備がなければ完了

大まかな流れはこんな感じです。

なにが言いたいかというと、すごいめんどうです。

所有権であるバイク販売店にハンコを押してもらう必要があったり、書類に記入ミスがあればやりなおしです。

自分でやるなら時間に余裕がないとちょっと難しいです。

スポンサーリンク

買取業者に手続きをやってもらう

買取業者では、めんどうな名義変更や廃車手続きを無料でやってくれることもあります。

このあたりは買取業者も慣れているので、本人ではなくても、できることは買取業者にまかせたほうが早いです。

買取業者によっては手数料をとることもあるし、査定額が下がってしまうこともあるので注意してください。

バイクの買取額が残債より多い

バイクの買取価格が高ければスムーズにバイクを売ることができて手元にお金も入ってくるので乗り換えはしやすいです。

この記事では、この状態をイメージして書いてます。

例えば

買取額・・・50万円
残債額・・・30万円

このような場合だとローンの残りが30万円でバイクの買取額が50万円なので、20万円がもらえることになります。

ローンも終わらすことができて、さらに20万円をもらうことができます。

このような状態で次のバイクに乗り換えることができればベストなんですが、買取額が残債より少ない場合はちょっとめんどうになります。

バイクの買取額が残債より少ない

買取価格が低いとスムーズに乗り換えることが難しくなります。

買取額・・・20万円
残債額・・・30万円

このような場合だと、ローンを終わらせるのに、あと10万円たりません。

ローンが終わらないと所有権を変更したり廃車にすることができないので、バイクを売ることができません。

なので残りの10万円を返済する方法を考えなくてはいけません。

一括返済
ローンの組み直し

このような方法があります。

ローンの組み直しはフォロークレジットとも言われることもあります。

一括返済は残りの10万円を自分で用意すれば完済となるので、バイクを売ったあとはローンを払う必要がなくなります。

ローンの組み直しは、残りの10万円を再度ローンをすることになります。

このローンにも審査があるので、審査が通らなければローンが組めないのでバイクを売ることができません。

10万円くらいならなんとかなりそうですけど、もっと大きな金額になるとバイクを売るのが難しい状況になります。

買取額が残債額より少ない
一括返済できる余裕もない
ローンの組み直しができない

このような場合はバイクを売ることができなくて、乗り換えることはできないと思ってください。

あまりこのような状況はないと思うので安心してください。

今回は以上になります。

ローン返済途中のバイクを売って乗り換えることはそんなに難しいことではないです。

今回紹介した買取業者になります。

まずは買取業者に連絡してローン返済中でも売却できるかを確認して、バイクを査定してもらい残債との差額を判明させましょう。

バイクは売りたいと思ったときが1番高く売れるので、ローンを完済するまで無理に乗り続けるより早めに行動したほうがリスクは少なくすみます。

【バイクの盗難保険】おすすめはZuttoRide Club(ずっとライドクラブ)

バイクでも使えるロードサービス【メリット・デメリットを解説】




任意保険は比較で安くなる!!

バイクの維持費を安くする一番かんたんな方法は任意保険の料金を見直すことです。
保険会社も複数あり、おなじ補償内容でも保険料は変わってくるので、他社と比較することが必要です。
通販型とよばれる「ダイレクト系保険会社」は中間コストを削減できるため、バイク販売店などの代理店型より保険料を安くすることができます。
保険料が安くなればカスタムしたり、ツーリングの回数を増やしてバイクライフをより楽しくすることができます。
このまま高い保険料を払い続けて、損をするまえに任意保険を見直してみましょう。

【最短3分】一括見積もり【無料】
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー