バイクを売るときに必要なもの【書類なしでも売ることはできる】

バイクを売りたい人
バイクを売りたいけど用意しないといけないものってあるの?
買ったときにもらった書類とかって必要なの?捨てちゃったかも…
再発行しないとダメ?なくても大丈夫だよね?
バイクを売るときに必要なものを教えてください
このような疑問に答えます。

バイクを売るときは、買ったときにもらった書類や身分証明書などが必要になってきます。

そろえておけば買取作業がスムーズにおこなえて楽です。紛失をしていることがわかれば再発行したり、買取業者に書類がないことつたえて相談することもできます。

なくても売ることができる場合もありますが、買取価格が下がってしまうこともあるので可能なかぎり必要なものはそろえておきましょう。

この記事でわかること
バイクを売るときに必要なもの
書類がなくてもバイクは売れる
書類再発行のやり方
スポンサーリンク

バイクを売るときに必要なもの

書類(排気量による)
自賠責保険証明書
ナンバープレート
身分証明書
銀行口座
印鑑

バイクを売るにはこのようなものが必要になってきます。

必要なものがそろったら出張買取やバイク販売店に持っていきバイクを売りましょう。

バイクはどこで売ることができるの?【メリット・デメリットを解説】

では、それぞれ確認していきましょう。

書類(排気量による)

まず最初に確認してもらいたいのが書類関係です。

・251cc以上
 自動車検査証

・126cc〜250cc以下
 軽自動車届済証

・125cc以下
 標識交付証明書

排気量ごとに必要な書類はちがいますが、どれもバイクを購入したときに受け取ってるはずなので見つけてください。

400ccや大型で車検をしたことがあるならそのときにもらっているはずです。

だいたいバイクのシート下に入れっぱなしになっているか、家のどっかに置いてあります。

書類がないと買取をしてくれない場合もあるので再発行しないといけなくなり、とてもめんどくさいです。

個人売買とかではなく普通のバイク販売店で購入していれば必ず持っているはずなので探してみましょう。

査定額が上がるかもしれないもの

メンテナンスノート
サービスマニュアル
パーツリスト

書類関係と一緒に保管されている可能性があるものです。

メンテナンスノートは整備記録をしてあるものなので、バイクの状態を把握できるので査定額があがる可能性はあります。

サービスマニュアルやパーツリストはバイクを中古で購入したときにもらっていることもあるので確認してください。まれですけど…

前のオーナーさんがバイクを売るときにいらないから一緒に引き取ったものがついてくることがたまにあります。

サービスマニュアルやパーツリストは意外と高いものなので査定額がわずかですけど上がることもあるので買取業者に相談してみましょう。

変わらないようならメルカリなどで売るのもアリかもしれません。

自賠責保険証明書

査定額が上がる可能性もある書類なので用意してください。

自賠責保険は期間が残っていれば払い戻しができるものなので、そのぶん査定額に上乗せしてもらえることがあります。

期限切れしてるなら用意しなくても大丈夫ですけど、運転はできないので出張買取かバイク販売店まで押して行くしかありません。

普通にバイクに乗っていれば必ず入っているものなので準備しておきましょう。

ナンバープレート

盗難や紛失をしてなければついているはずなので、一応確認してください。

身分証明書

免許証を持っていれば大丈夫です。

運転免許証
健康保険証
パスポート

免許証以外でも対応してくれるので、免停や紛失で運転免許証がないなら他のものを用意しましょう。

銀行口座

出張買取で、後日にお金を振込むタイプの業者なら銀行口座を用意しておきましょう。

バイク販売店とかならその場で現金払いが多いですが、出張買取だと銀行振込もあります。

金額が大きい場合も銀行振込になることもあるので、買取業者に確認してください。

印鑑

印鑑は認印を用意しておきましょう。

売買が成立したら押すことになります。

認印は朱肉を使って押すタイプの印鑑です。

スタンプのようなシャチハタの印鑑はダメなことが多いです。

廃車証明書

バイクを廃車にしているなら廃車証明書が必要になります。

廃車といっても書類上の話で、バイクは手元にある状態です。もちろん道路で走ることはできません。

登録手続をしてあると税金がかかってしまうので、長期間保管するために廃車状態にしてることもあります。

・251cc以上
 自動車検査証返納証明書

・126cc〜250cc以下
 軽自動車届出済証返納証明書

・125cc以下
 廃車証明書

いずれも廃車にしたときにもらえる書類なので確認しましょう。

書類がなくても売れる

必要な書類などがなくてもバイクを売ることができることもあります。

なくても大丈夫というより、買取業者が代理で再発行の手続きをやってくれます。

なので、そのぶん買取業者の手間になるので査定額が下がります。

もう一度、必要な書類などを確認してみましょう。

・自賠責保険証明書

・ナンバープレート

・251cc以上
 自動車検査証

・126cc〜250cc以下
 軽自動車届済証

・125cc以下
 標識交付証明書

さすがに全部ないのは難しいかもしれないですが、1つくらいないなら問題ないです。

買取業者に連絡して、どの書類がなくて、どのくらい査定額が下がるのか確認しましょう。

査定額が下がらないなら再発行する必要もないので無駄な手間をはぶけます。

書類がないからといって闇雲に行動するよりも、まずは買取業者に連絡して状況を判断してもらいアドバイスをもらったほうが早く終わります。

書類がなくても慌てずに行動しましょう。

スポンサーリンク

書類の住所と現住所が違う

引越しや結婚で書類に記載されている住所や名前が違うこともあります。

この場合は住所変更や名義変更をしなくてはならないです。

もしくは住所変更に必要な「住民票」や「戸籍の附票」などの書類をそろえれば買取業者がやってくれる場合もあります。

住民票には直前に住んでた場所の住所も記載されているので手続きをすることもできます。

こちらも相談してみましょう。

書類再発行のやり方

バイクを売る場所によっては書類がないと売れなかったり、査定額が下がるのがイヤなら書類を再発行しましょう。

身分証明書
印鑑

この2つはどの書類を再発行するのに必要なので用意しましょう。

再発行できる場所のホームページなどをよく読み必要な情報を記入できるようにしておくいてください。

再発行申請書などの記入が必要な書類はホームページからダウンロードすることもできることも多いので事前に書いておくこともできます。

自動車検査証(251cc以上)
場所  運輸支局
費用  300円(印紙代)
軽自動車届済証(126cc〜250cc以下)
場所  運輸支局
費用  100円ほど
標識交付証明書(125cc以下)
場所  市区町村の役所
費用  無料

書類の再発行はめんどうな作業なのでミスなく1回で終わらせられるようにしましょう。

【バイクの盗難保険】おすすめはZuttoRide Club(ずっとライドクラブ)

バイクでも使えるロードサービス【メリット・デメリットを解説】




任意保険は比較で安くなる!!

バイクの維持費を安くする一番かんたんな方法は任意保険の料金を見直すことです。
保険会社も複数あり、おなじ補償内容でも保険料は変わってくるので、他社と比較することが必要です。
通販型とよばれる「ダイレクト系保険会社」は中間コストを削減できるため、バイク販売店などの代理店型より保険料を安くすることができます。
保険料が安くなればカスタムしたり、ツーリングの回数を増やしてバイクライフをより楽しくすることができます。
このまま高い保険料を払い続けて、損をするまえに任意保険を見直してみましょう。

【最短3分】一括見積もり【無料】
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー