【バイクに飽きた】バイクを乗らなくなる理由5選【解決策あり】

バイクに飽きた人
バイクに乗るの面倒くさいな…
みんな飽きないのかな?
また乗りたくなるかもしれないから、このままバイクを持っていても大丈夫?

このような疑問に答えます。

この記事でわかること
バイクに乗らなくなる理由
バイクに飽きたときの解決策

私も、バイクに20年ほど乗り続けていてるので飽きることもありますし、友人などがバイクに乗らなくなる姿も、よく見てきました。

バイクを買った頃は

「一生バイクに乗る!!」

なんて言ってた友人が翌年にはバイクを売っていたなんて、よくあることです。

バイクに乗らなくなるのは普通のことなので、自分だけがおかしいと思わず解決していきましょう。

スポンサーリンク

バイクに乗らなくなる理由

金銭的に厳しい
安全を意識しだす
他の趣味ができた
バイクを盗まれた
不便な乗り物と気づく

このような理由がきっかけでバイクに乗るのが面倒くさくなり飽きてしまいます。

あてはまる人も多いのではないでしょうか?

では、1個づつ説明していきます。

金銭的に厳しい

バイクはお金のかかる遊びなので金銭的につらくなりバイクを乗らなくなってしまい飽きてきます。

これが1番多い理由ではないでしょうか。他の理由にもかかわってくる内容です。

税金
保険
車検
ガソリン
メンテナンス

維持してるだけでもお金がなくなっていくので、普段の生活まで影響がでてきます。

金銭的に厳しい状況で乗り続けてもつらいだけなので売ってしまいましょう。

お金に余裕ができたら、またバイクに乗ってください。

関連記事:バイクはお金のかかる趣味です【安く維持する方法を解説】

安全を意識する

事故や危険な状況にあうとバイクに乗るのが怖くなっていきます。

もし事故にあって仕事ができなくなったらどうしよう。と思う人もいます。

結婚や子供が生まれた、などをきっかけにバイクをやめることが多いです。

のんきにバイク乗ってる場合じゃないですね。

移動するだけなら車の方が安全です。車に乗り換えましょう。

関連記事:結婚したらバイクを手放すべきか【乗り続けるために判断するポイント】

スポンサーリンク

他の趣味ができた

バイク以外にも楽しいことは、世の中にたくさんあります。

他に楽しいことが見つかりバイクに乗る時間がないなら無理に所有している必要はありません。

バイクはお金もかかるので、別の趣味に回せるお金も少なくなってしまいます。

私は趣味でスノーボードをやってましたが、バイクでもお金が必要だし、スノーボードでもお金が必要で、かなり貧乏でした。

給料全部、遊びに使ってるような人生でした。後悔してます、、、

他に楽しいことを見つけたなら、そちらを全力で遊んでください。

バイクを盗まれた

バイクが盗まれると、あたりまえですけどバイクに乗れなくなります。

盗まれたことをきっかけにバイクをやめる人は多いです。

盗難保険に入っていれば再購入するのはかんたんですけど、ローンが残っていたりしたらすぐにバイクを買うのは難しいです。

そうこうしてるうちにバイクのない生活に慣れていき、「バイクいらないかな」なんて思うようになっていきます。

このタイミングでバイクを飽きてしまうのはしょうがないことですけど、せめてお金だけはほしいので盗難保険には入っておきましょう。

関連記事:【バイクの盗難保険】おすすめはZuttoRide Club(ずっとライドクラブ)

不便な乗り物と気づく

バイクは不便な乗り物です。

最初は楽しそうなイメージだけでバイクに乗り始めますけど、実際に乗ってみると不便さを感じます。

夏は暑い
冬は寒い
雨が降る
荷物が詰めない

このようなことを知るとバイクが苦痛になってきます。

移動するだけなら車の方が圧倒的に有利です。

バイクに不便さを感じたら乗るのをやめても大丈夫です。

バイクに飽きたときの解決策

バイクに飽きたら売ってしまいましょう。

売ってしまっても通勤や買い物などの普段の生活に問題がないなら、所有してるだけでお金のかかるバイクを持っていても無駄です。

なぜこのような非情なことを言うわけは、

維持費が無駄
早く売った方が高値になる
不動車は安く買取られる
またバイク買えばいい
レンタルバイクもある

売るタイミングを間違えて損をしている人を多く見てきたからです。

バイクに飽きて乗らなくなっても

「また乗りたくなるかもしれないから残しておく」

と言って、結局まったく乗られず放置されてエンジンがかからなくなり不動車になっていきます。

不動車は安く買取られてしまうので、少しでも高く売れる状態で売ってしまうのがベストです。

関連記事:バイクを売るときの手順【高く売るためにやるべきことを徹底解説】

またバイクに乗りたくなったら、新しいのを買えばいいだけです。

たまに乗りたいくらいならレンタルバイクという選択もあります。冬は乗らないけど、春夏だけ乗りたいくらいならレンタルバイクの方が安くすみます。

月極ライダーなら3ヶ月間、借りても10万円くらいですみそうです。メンテナンスもされて保険代も含まれているので、乗りたい時期だけ所有するなら断然お得です。

バイクに飽きてしまうのは、しょうがないことなので、後々後悔しないように早めに売ってしまうのが得策です。

【バイクの盗難保険】おすすめはZuttoRide Club(ずっとライドクラブ)

バイクでも使えるロードサービス【メリット・デメリットを解説】




任意保険は比較で安くなる!!

バイクの維持費を安くする一番かんたんな方法は任意保険の料金を見直すことです。
保険会社も複数あり、おなじ補償内容でも保険料は変わってくるので、他社と比較することが必要です。
通販型とよばれる「ダイレクト系保険会社」は中間コストを削減できるため、バイク販売店などの代理店型より保険料を安くすることができます。
保険料が安くなればカスタムしたり、ツーリングの回数を増やしてバイクライフをより楽しくすることができます。
このまま高い保険料を払い続けて、損をするまえに任意保険を見直してみましょう。

【最短3分】一括見積もり【無料】
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー