エネキーに登録できるクレジットカードは?お得に給油する方法

EneKey

ENEOSセルフガソリンスタンドで利用できるスピード決済ツールのエネキーですが、登録のときにクレジットカードが必要になります。

この記事でわかることは

どんなクレジットカードが登録できるの?

お得に給油ができるクレジットカードは?

エネキーのメリットや使い方は別の記事で書いてるので、こちらも参考にしてください。

メリットのみ!エネキー(EneKey)でセルフ給油を簡単にしよう

エネキーの使い方と実際使ってみた感想【バイク乗り必見】

エネキーを作るときに私もどのクレカにするか悩んで、いろいろ調べたので参考にしてください。

スポンサーリンク

エネキーに登録できるクレジットカード

ENEOSカード
特別提携カード
一般提携カード
JXTG発行の給油店価格法人向けカード(ENEOS BUSINESS Ⅱ・コーポレートカード)

一般提携カードとはENEOSカードと特別提携カード以外のクレジットカードです。

ほとんどのクレジットカードが登録できると思ってOKです。

登録できないクレジットカードもあります。

登録できないクレジットカード
ENEOS BUSINESS
ENEOS FC
ENEOS ASSOC
コーポレートプラスカード

法人向けのクレジットカードは登録できないです。店頭価格ではなく契約価格で給油できるカードはダメみたいです。

エネキー利用による割引

エネキー自体に割引効果は基本的にありませが、店舗によっては1~2円引きになったり、会員価格になり安くなることもあります。

なので登録してあるクレジットカードによってガソリン値引きや、ポイントが多くもらえたりしてお得になります。

お得なクレジットカードは?

ENEOSカードと特別提携カードです。ガソリン代が安くなったりポイントが多くもらえます。

特別提携カード
楽天カード(ポイント1.5倍)
dカード(ポイント1.5倍)
TS CUBIC CARD(ポイント1.5倍)
JALカード(マイル2倍)
ANAカード(マイル追加)
ビューカード(ポイント2倍)
セブンカード・セブンカードプラス(ポイント2倍)
レクサスカード(ポイント1.5倍・ガソリン3%引き)

特別提携カードは8個になります。

オススメのクレカはENEOSカード 楽天カードです。
スポンサーリンク

ENEOSカード

ENEOSカードの種類は3種あります。

ENEOSカードC

年会費は1250円(初年度無料)
ガソリン最大7円/L
キャッシュバックタイプ

カード利用金額によってガソリンの値引き額がかわります。

ENEOSカードCをメインで使用して、よくガソリンを入れる人ならお得です。

1ヶ月間に7万円以上クレジットカードを使用するとガソリン7円/L引きになります。

家族カードもうまく利用したりすればお得になりそうでが、あまりガソリンを入れない人はちょっと使いづらい感じがします。

ENEOSカードP

年会費1250円(初年度無料)
最大3%ポイント還元
ポイントタイプ

ENEOSでの利用が1000円で30ポイント
ENEOS以外での利用が1000円で6ポイント
1000ポイントで1000円キャッシュバック

ちょっと微妙ですね…

これもENEOSでガソリンをよく給油したり洗車、オイル交換する人向けかな

ENEOSカードS

年会費1250円(初年度無料)
年1回の利用で次年度年会費無料
いつでもガソリン2円/L引き

ENEOSカードで1番オススメなカードです。私もENEOSカードSを利用してます。

いつでも2円引きで、年会費も年1回の利用で無料になります。

エネキーに登録しておけば年1回なら必ず給油するので実質年会費無料みたいなもんです。

ロードサービス
レッカー移動は10kmまで無料
路上修理は30分まで無料

ENEOSカードはロードサービスも充実してるので車に乗ってるなら持っておいて損はないクレジットカードです。

残念ながらバイクはロードサービスに対応してないので注意してください。

ENEOSカードSについてはENEOSカードSのメリット・デメリット【ガソリン代を節約】で詳しく解説しているので参考にしてください。

楽天カード

ENEOSで給油すると2%の還元率でしたが、2019年7月以降に改悪されてしまいポイント最大1.5倍に変更されています。

ガソリンの価格によってはENEOSカードSより楽天カードの方がお得になってしまうこともありましたが、自社クレジットカードを普及させるために変更されたのではないかと思います。

ガソリン150円/Lの場合
楽天カード2%還元で実質147円
ENEOSカードS2円引きで148円/L
ガソリン120円の場合
楽天カード2%還元で実質118円/L
ENEOSカードS2円引きで118円/L

このように、楽天カードの方がお得になってしまうことがありました。ENEOSカードの必要性が薄れてしまうので改悪されたのでしょう。

とはいえ、楽天カードはガソリン以外にも楽天市場での使用やキャンペーンなどが多いのでポイントが貯まりやすいのは事実です。

年会費は無料なので気軽に申し込む事ができますし、お得なクレジットカードなので作っておいても損はないです。

関連記事:楽天カードはお得なのか?【効率よくポイントを貯める方法】

関連記事:バイク乗りにオススメのクレジットカードは楽天カード【年会費無料】

題名は「バイク乗り」となってますが、車だけの人でもお得なので参考にしてください。

一般提携カードとTカード

一般提携カードはTカードと紐付けして、Tポイントを貯めることもできます。200円で1ポイントもらえます。

エネキーに登録するカードはなんでも大丈夫なので、自分のライフスタイルにあわせて選んでもらって問題ないのですが、少しでもお得に給油できるように2件ほどクレジットカードを紹介しておきます。

Yahoo! JAPANカード

Tポイントを貯めたいのならYahoo! JAPANカードがオススメです。

Yahoo! JAPANカード は100円で1ポイントもらえるクレジットカードなので、エネオス利用分(200円で1ポイント)とあわせると約1.5%の還元になります。

エネオスでは、Tポイント3倍や5倍になる日もあるので、ポイントがためやすいです。

JCB CARD W

JCB CARD Wは 年会費無料、ポイント高還元のクレジットカードになります。エネオス以外でも給油をすることが多い人向けです。

エネオスでは還元率1%ですが、昭和シェルでの還元率が1.5%になります。エネオスでの使用はあまりお得ではないように感じますがamazon、セブンイレブン、スターバックスなどでも高還元率になってるのでポイントが貯めやすいです。

ETCカードの年会費も無料なので持っておいて損はないクレジットカードです。

エネキーに登録して給油をお得にするというより、普段使いでがんがんポイントを貯められるカードになってます。

まとめ

ほぼすべてのクレジットカードがエネキーに登録できます。

エネキーに割引効果はないのでお得に給油できるクレジットカードを選びましょう。私のオススメは4つあります。

ガソリンを安くするならENEOSカード

楽天市場などでもポイントをためやすい楽天カード

Tポイントが貯めやすい Yahoo! JAPANカード

エネオス以外でもポイントがたまりやすいJCB CARD W

4件とも年会費無料なので気軽につくれます。ライフスタイルに合わせてえらんでみてください。




任意保険は比較で安くなる!!

バイクの維持費を安くする一番かんたんな方法は任意保険の料金を見直すことです。
保険会社も複数あり、おなじ補償内容でも保険料は変わってくるので、他社と比較することが必要です。
通販型とよばれる「ダイレクト系保険会社」は中間コストを削減できるため、バイク販売店などの代理店型より保険料を安くすることができます。
保険料が安くなればカスタムしたり、ツーリングの回数を増やしてバイクライフをより楽しくすることができます。
このまま高い保険料を払い続けて、損をするまえに任意保険を見直してみましょう。

【最短3分】一括見積もり【無料】
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー