ガソリン代を安くする方法【年会費無料のクレジットカードを使う】

昭和シェル

バイク、車を乗ってるひとなら誰しもが悩むガソリン代。すこしでも安く給油したいとおもいませんか?

今後もガソリン価格が上昇しそうな状況なのでお得に給油する方法を知っておきましょう。

この記事でわかること
ガソリン代を安くする方法
ガソリン代を安くするクレジットカード
スポンサーリンク

ガソリン代を安くする方法

これらのことを実践していけば相場価格より1ℓあたり5~10円ほど安く給油することもできます。

クレジットカードで支払いする
セルフガソリンスタンドを利用する
給油するガソリンスタンドを決める
ガソリンが高い曜日、時期はさける

現金での支払いは高いのでクレジットカードをつかいましょう。クレカ利用が1番かんたんで、確実に安くできる方法です。

どれくらい安くできる

燃費20kmの車で、往復60kmの通勤をしてる場合だと

① 60km×通勤20日=1200km(1ヶ月の走行距離)
② 1200km÷20km(燃費)=60ℓ(1ヶ月のガソリン使用量)
③ 60ℓ×10円(割引額)=600円(1ヵ月の節約分)

毎回、相場価格より10円安く給油すれば、1ヵ月で600円節約できます。一年間なら7200円もお得になります。

クレジットカードで支払いする

年会費が無料になるクレジットカードを利用しましょう。

ガソリン元売りが発行しているクレジットカードを利用すれば1ℓで1〜3円ほど値引きになります。

年会費が無料でないと、せっかく頑張って節約しても年会費で無駄になってしまいます。

給油量が多い人や洗車、オイル交換もガソリンスタンドでやる場合は年会費をはらってもお得になるクレジットカードもありますが、年会費無料の方がオススメです。

ENEOSカードとシェルPontaクレジットカードは年1回の利用で年会費無料になります。実質無料みたいなもんなので、気軽にもてます。

セルフガソリンスタンドを利用する

ガソリン代を安くしたいならセルフガソリンスタンドで給油しましょう。

セルフとフルサービス(店員が給油してくれる)ではセルフの方がガソリン価格が安く設定されています。

給油がめんどくさいからと言ってなにも考えずフルサービスで給油すると後悔します。

ENEOS

都内のフルサービスのガソリンスタンドです。たかいです。

他のガソリンスタンドは、レギュラー145円くらいでした。20円くらい違うので20ℓ入れただけでも400円も差がでます。牛丼が食べれる金額です。

めんどくさがらずセルフで給油しましょう。

スポンサーリンク

給油するガソリンスタンドを決める

価格のやすいガソリンスタンドを調べて毎回、給油する場所を決めておきましょう。

ガソリン価格は店舗ごとでちがうので5円くらい差があることなんてよくあります。

通勤途中や近所でなるべく遠回りしないで、給油できる場所にしましょう。わざわざ遠回りして安いスタンドに行っても損してしまう事もあります。

ガソリンが高い曜日、時期はさける

週末に給油しましょう。

ガソリンは月曜日が1番高くて、日曜日にかけて安くなっていきます。

他店との競争などにより週末にかけて安くしていき、月曜日に価格をもどすサイクルになってる店舗が多いです。なので月曜日は高いので週末の安い日に給油しましょう。

お盆休み、ゴールデンウィーク、年末年始などの大型連休は高くなります。

この時期はガソリンが高くても給油しにくる人がおおいので、高めに設定されてます。連休前にいれておくなどして、高い時期を回避しましょう。

ガソリン代が安くなるクレジットカード

クレジットカードで給油すると値引き方法が3種類あります。

一律値引き
変動値引き
ポイント還元

クレジットカードの種類によって値引きの仕方はさまざまです。自分のスタイルに合わせて選びましょう。

一律値引き

いつでも1ℓの給油にたいして1〜2円くらい割引してくれるタイプのものです。

変動値引き

毎月のクレジットカード利用金額によってガソリン1ℓごとの値引き額が変わります。最大8円割引されるような物もあります。

しかし、変動値引きタイプのものは年会費がかかるものが多いので、あまりオススメしてません。

給油量が多い人や、メインのカードとして使って年会費を払っても得できそうなら使いましょう。

ポイント還元

料金の割引はないですが、指定のガソリンスタンドで給油するとポイントが多くつきます。

ENEOSカードS

ENEOSカードSはENEOSの利用で2円/1ℓ引きになるクレジットカードです。

年1回の利用で翌年の年会費が無料になるので、年会費で損することはないです。

ENEOSカード

ENEOSカードは3種類あり、ガソリンが1ℓあたり最大7円引きや、ポイントが多くつく物もあります。

ENEOSカードS
ENEOSカードP
ENEOSカードC

ENEOSカードS以外は年会費を無料にすることはできないので、使い方が難しいです。年会費を払ってでもお得になりそうならつかいましょう。

エネオスは店舗数も多いし、エネキーという便利なものもあるのでENEOSカード Sは持っておいた方がいいです。

関連記事:ENEOSカードSのメリット・デメリット【ガソリン代を節約】

関連記事:メリットのみ!エネキー(EneKey)でセルフ給油を簡単にしよう

ロードサービス付き

ENEOSカードは無料でロードサービスが付いてます。

ENEOSロードサービス
レッカー車による移動(10kmまで無料)
路上における修理(30分まで無料)

あんまり使うことはないと思いますが、 もしもの時に持ってるだけでも安心です。

バイクでは使うことはできないので注意してください。

出光カードまいどぷらす

出光のガソリンスタンドで2円/ℓ引きになります。入会1か月間は5円/ℓ引きです。

年会費は永久無料です。とりあえず作っておいて出光で給油するときだけ使ってもお得になります。

有料にはなってしまいますが、ねびきプラスというオプションサービスもありうまく使えばよりお得になりそうです。

出光まいどぷらす

シェルPontaクレジットカード

昭和シェルで給油するならシェルPontaクレジットカードがお得です。

ポイント還元タイプになってしまいますが、1ℓで2ポイントたまります。1ポイント1円としてつかえるので、ためたポイントをつかって給油すればお得になります。

年会費もPonta加盟の昭和シェルで年1回でも使えば次年度も無料になります。

ローソンでもポイントがたまりやすいカードなので、普段の生活からPontaポイントためるようにすれば節約にもなります。

シェルPontaクレジットカード

価格表をみるとスターレックスカードの方が安く給油できそうですが、年会費を無料にするにはハードルが高いクレジットカードになります。うまく使えばガソリン代をおさえられるカードですが、あまりオススメしてません。

しかも、スターレックスカードとシェルPontaカードを両方とも所有することができません。なのでシェルPontaクレジットカード をオススメしてます。

コスモ・ザ・カード・オーパス

コスモ石油でコスモ・ザ・カード・オーパスを使うと会員価格で給油できます。

会員価格になるだけなので、あまりお得感はないです。

コスモ・ザ・カード・オーパス

コスモ石油をメインで利用していて、そこの会員価格が安く設定されていれば持っておいてもいいかなくらいです。

1円くらいしか差がないなら楽天カードでポイントをためた方がよさそうですね。

楽天カード

給油量がすくない人や、いろんなガソリンスタンドにいくひとなら楽天カードがオススメです。

ガソリンの給油金額にたいして1%のポイントをもらえます。1ポイント1円としてつかえるので、あるていど貯まったらポイントをガソリン代にあててしまえば、実質安く給油できたことになります。

ENEOSで使用すればポイントが最大1.5倍でもらえます。なるべくENEOSで給油するようにすればポイントがたまりやすいです。

関連記事:バイク乗りにオススメのクレジットカードは楽天カード【年会費無料】

車やバイクに乗っていればガソリン代は節約したいものです。

クレジットカードで支払いをするだけで値引されるので、現金での支払いは損をしていることになります。

今すぐにでもクレジットカードにしましょう。




任意保険は比較で安くなる!!

バイクの維持費を安くする一番かんたんな方法は任意保険の料金を見直すことです。
保険会社も複数あり、おなじ補償内容でも保険料は変わってくるので、他社と比較することが必要です。
通販型とよばれる「ダイレクト系保険会社」は中間コストを削減できるため、バイク販売店などの代理店型より保険料を安くすることができます。
保険料が安くなればカスタムしたり、ツーリングの回数を増やしてバイクライフをより楽しくすることができます。
このまま高い保険料を払い続けて、損をするまえに任意保険を見直してみましょう。

【最短3分】一括見積もり【無料】
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー