バイク乗りにオススメのクレジットカードは楽天カード【年会費無料】

クレジットカードが欲しい人
クレジットカードが欲しいけどなにがいいかな?
高速道路にも乗りたいからETCも必要だよね?
ガソリンが安くなったりポイントがたまりやすいのもあるみたいだけど、どんなクレジットカードがあるんだろう
バイク乗りにオススメのクレジットカードを教えてください
このような疑問に答えます。

世の中には多くのクレジットカードがあり、どれを使っていいのか悩んでしまい、選ぶのがめんどうになってきます。

なので今回は1番オススメの楽天カードの説明していきたいと思います。

何枚もクレジットカードを作りたくない人は楽天カード1枚だけで大丈夫です。

私もクレジットカードは複数枚もってますけど、現在はほぼ楽天カード1枚で済ませてます。

ガソリン代がやすくなるものや、ポイントが多くもらえるクレジットカードを使い分けてたこともあります。

ですが、今はポイントの管理がめんどうで1枚にまとめるようにしてます。

状況によっては他のクレジットカードの方がお得なこともありますが、まずは楽天カードを検討してみてください。

スポンサーリンク

楽天カードがオススメな理由

楽天カードは普通に使ってもお得感があるのでバイク乗り以外でもオススメしたいクレジットカードです。

年会費永年無料
ポイントがためやすい
若くても審査が通りやすい
ETCカードが無料にできる

このような理由でオススメしています。

楽天カードは他にもオススメしたいことがありますが、今回はバイク乗りに関係しそうな部分だけ書いていきます。

それぞれ解説していきます。

年会費永年無料

クレジットカードは年会費が無料と有料のものがあり楽天カードは無料です。

つまり、とりあえず発行して、ずっと持っていてもお金はいっさいかかりません。

年会費があるクレジットカードだと年に1,000〜2,000円くらいします。

高いものだともっとします。

これも余計な出費になってしまうので年会費が無料の楽天カードがオススメとなります。

なんなら楽天カードは発行のときに5000ポイントとかもらえるキャンペーンをやってたりするのでお得です。

5,000円あればグローブ1個買えますね。

楽天カードを発行するとグローブが1個もらえる感覚です。

持っているだけならお金はかからないし使えばお得なので、クレジットカード選びに迷っているなら、とりあえずで発行して大丈夫です。

楽天カード新規入会キャンペーン

ポイントがためやすい

楽天カードはポイントがたまりやすく、たまったポイントでガソリン代やパーツなどを買うことができます。

普段の生活で必要なものを買ったりするときも楽天カードで支払ってしまえば、どんどんポイントがたまります。

私もコンビニやガソリンスタンドでも、ほとんどの支払いが楽天カードです。

クレジットカードを使うのに抵抗がある人もいると思いますが、これからの時代はキャッシュレスでクレジットカードを使ったほうが楽でお得になることが多いです。

楽天カードを使ってポイントをためましょう。

関連記事:楽天カードはお得なのか?【効率よくポイントを貯める方法】

ガソリンスタンドでポイントがためやすい

バイクに乗るならガソリンは必要になるので1番ポイントがためやすい場所になります。

ガソリンスタンドによってはポイントを多くもらえることができます。

・ENEOSなら
 通常の最大1.5倍
・出光なら
 通常+2Lにつき1ポイント
・コスモ石油なら
 通常+1Lにつき1ポイント

これらのガソリンスタンドで給油すれば通常よりも多くポイントをためることができます。

もちろん、ためたポイントはガソリン代として使うこともできるのでガソリン代の節約にもなります。

ENEOSならEnekey(エネキー)、出光ならDrivePay(ドライブペイ)というキーホルダー型の決済ツールもあるので、これらに楽天カードを登録しておくと便利に給油できます。

ガソリンの料金は現金よりもクレジットカードで支払ったほうが安くなることも多いので、なるべくクレジットカードで支払っていきましょう。

高速道路の利用でポイントがたまる

楽天カードに付帯しているETCカードを使えば100円で1ポイントたまります。

通行料金もちょっと遠くまで行ったら2,000~3,000千円することも平気であります。

これだけでも、どんどんポイントがたまっていきます。

ポイント目当てだけじゃなくてもバイクにETCは必須です。

バイクで遠くにツーリングにいくなら高速道路を利用することも多いです。そんなときにETCをつけてないと支払いにかなり手こずります。

そして現金払いは料金が高いです。

高速道路はETCを使うことによって割引される制度があります。

時間帯割引
企画割引

ETC付のバイク限定の「ツーリングプラン」はかなり安く高速道路を利用できます。

ツーリングなどで高速道路を利用するなら、せっかくなのでポイントもためておきましょう。

楽天市場の買い物でポイントがたまる

バイク用品を楽天市場で購入すればポイントがたまります。

ヘルメット
グローブ
ジャケット
ケミカル用品
ツーリンググッズ

などなど、バイクに必要なものはたくさんあり、これらをネットで購入することも多くなります。

もちろん、ためたポイントで買い物することも可能です。

ポイントをうまく利用すれば、ちょっと高くて迷っていたグローブを買えたり、急に必要になったケミカル用品をポイントだけで購入したりすることもできます。

ポイントを活用することでバイク用品にかかる出費をおさえることができます。

バイクはお金のかかる趣味なので、楽天カードをうまく使いましょう。

スポンサーリンク

審査が通りやすい

楽天カードは他のクレジットカードにくらべると審査が通りやすいと言われてます。

16歳から免許がとれるので、若い年齢の人もバイクに乗ることが多いです。

若いとアルバイトだったり年収も安定してなく貯金も少なくてクレジットカードの審査が通らないこともあります。

年収
勤続年数
ローン返済状況

などをもとに問題なく返済ができるのかを判断してます。

どんなに良いクレジットカードを見つけても審査に通らなければ発行してもらえないので意味がないです。

今後、別のクレジットカードを発行するときも、とりあえず楽天カードでクレジットヒストリーを育成しておけば審査の厳しいものでも通りやすくなると言われています。

クレジットヒストリーとは、クレジットカードの利用履歴がわかるもので、お金をしっかり返済しているか記録してあるものです。

若くてクレジットカードの審査が通らないなら楽天カードでクレジットヒストリーを育成するのもオススメです。

申し込み条件は18歳以上

楽天カードの発行条件は、高校生を除く18歳以上です。

アルバイト
パート
大学生
主婦

このような人でも、申し込むことができます。

大学生などは自分で収入がなくても親に収入があれば大丈夫です。

絶対に審査に通るとは言い切れないですけど、他のクレジットカードにくらべると通りやすいです。

高校生でバイクに乗っていてクレジットカードが欲しいと思っている人もいるかもしれないですが、条件にあてはまってないので卒業までガマンしてください。

ETCカードを無料にできる

楽天カードで発行できるETCカードは年会費が550円かかってしまいます。

他のクレジットカードなら無料なものもあるので、楽天カードにするか悩んでしまいます。

ですが、年会費を無料にする方法もあるので安心してください。

楽天PointClubの会員ランクを上げると年会費が無料になります。

プラチナ会員
ダイヤモンド会員

この2つならETCの年会費は無料になります。

つまり条件のゆるいプラチナ会員になればいいだけなので、無理してダイヤモンド会員をめざす必要はないです。

プラチナ会員はかんたん

普通に楽天カードを使っていればプラチナ会員になれます。

過去6ヶ月以内で15回使って2000ポイントためれば、ETCカードの年会費は無料です。

まず、15回使うのはかんたんにクリアできますね。毎日コンビニで買い物すればいいだけなので、気にしなくても大丈夫です。

2000ポイントためるのはチョット難しく感じてしまいますけど上記で説明した通り楽天カードはポイントがためやすいので、意外とかんたんです。

毎月5と0がつく日に楽天市場で買い物をするとポイントが5倍になるので、この日にまとめて欲しいバイク用品や日常品を買ったりすればポイントはたまります。

楽天カードはポイントアップの日などをねらわないで普通に利用しても100円で1ポイントもらえるので、月々に35,000円ほど使えば6ヶ月で2000ポイントは余裕でいきます。

ほとんどの支払いを楽天カードにしてしまえば、ETCカードは実質無料になります。

楽天カード新規入会キャンペーン

今回は以上になります。

楽天カードはメリットの多いクレジットカードなので、バイク乗りでなくても人気のクレジットカードです。

年会費も無料でポイントもたまりやすくお得に使えます。

ポイントをうまく活用してお金のかかるバイク生活に役立てみてください。

人気記事【安い】ワークマンで買えるバイク乗りにおすすめの商品10選
人気記事バイクを売るときの手順【損をしない売り方を徹底解説】




任意保険は比較で安くなる!!

バイクの維持費を安くする一番かんたんな方法は任意保険の料金を見直すことです。
保険会社も複数あり、おなじ補償内容でも保険料は変わってくるので、他社と比較することが必要です。
通販型とよばれる「ダイレクト系保険会社」は中間コストを削減できるため、バイク販売店などの代理店型より保険料を安くすることができます。
保険料が安くなればカスタムしたり、ツーリングの回数を増やしてバイクライフをより楽しくすることができます。
このまま高い保険料を払い続けて、損をするまえに任意保険を見直してみましょう。

【最短3分】一括見積もり【無料】
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー