バイクに乗ってるだけでも熱中症になります【対策方法とグッズ紹介】

熱中症が心配な人
バイクに乗ってるだけでも熱中症になるのかな?
ツーリング中に熱中症になったらこまるよな…
こまめに水を飲んでれば大丈夫だよね?
バイクの熱中症対策を教えてください

バイクに乗ってるだけでも熱中症になります。

運転してる時にクラクラしたら事故ります。夏のツーリングを楽しくするために熱中症対策をしましょう。

私はバイク便の経験もあり、その他の仕事もガテン系なので、夏はつねに熱中症の危険と隣り合わせで生きてきたので、しっかり対策してます。

普通に生活してても熱中症にはなるので、対策方法を覚えておきましょう。

スポンサーリンク

バイクの熱中症対策

バイクだからといって特別変わった対策はしません、ガテン系ならあたりまえの熱中症対策です。

水分補給
塩分補給
よく寝る
朝飯を食べる
こまめな休憩
酒を飲まない

基本的なことですが、これらをしっかり守りましょう。

バイクに乗る時の装備も重要なポイントになります。これは別の記事に書いてあるので、参考にしてください。

【暑さ対策】夏のバイクを快適にする方法【避暑地ツーリング】

水分補給

水、スポーツドリンクをこまめに飲んでください。

汗をかいたりして体の水分がなくなっていきます。

暑いからといってガブガブ飲んではダメです。吸収されないで排出されます。

体に必要な成分が入ってるので、できればスポーツドリンクがオススメです。スポーツドリンクなら自動販売機やコンビニでもどこでもかえるので安心です。

ペットボトルを携帯して、こまめな水分補給をしましょう。

塩分補給

体には塩分も必要です。

水分と同じく、汗をかくと塩分も失われていきます。汗がベタベタしてるのは塩分のせいです。舐めると、しょっぱくないですか?

塩分補給は塩飴を食べるのが簡単です。

塩飴はコンビニでいろいろな味が売られていて、美味しいものもあります。

私も昔は、美味しくなくてキライでしたが、無理して食べてたらいつの間にか好きになってきました。

塩飴をツーリングの時に持っていって、友達に配ってあげましょう。

スポンサーリンク

よく寝る

夏は睡眠時間を多くとってください。

睡眠不足だと体温の調整機能が低下するし、体力も回復できてないので熱中症になりやすいです。

ツーリングにいく前日は、楽しみで興奮して寝れないかもしれないですが、頑張って寝てください。

「なんか寝れないから、この勢いでいこう」

これ絶対ダメです。寝てください。

眠気と暑さでボーっとして事故ります。

朝飯を食べる

朝食は必ず食べてください。

食べることによって水分と塩分をとることができて、体温を下げる汗をかきやすくなります。

朝早いツーリングだと時間がなくて、ついつい食べないで走ってしまいますが、コンビニでおにぎり1個とインスタント味噌汁でもいいので食べてください。

夏バテで食欲がない時期かもしれないですが、ちょっと無理しても食べてください。

こまめな休憩

夏のツーリングは普段より多めに休憩をとってください。

バイクに乗ってるのが楽しいのはわかりますが、ぶっ続けで走ってると疲れますし、熱中症の症状に気づきにくいです。

複数の人で走る時は、仲間の体調も気にしながら走りましょう。

自分は大丈夫でも仲間は疲れてるかもしれません。コンビニなどに寄って水分補給をして休憩してください。

酒を飲まない

夏のお酒は控えめにしましょう。

私も好きなので絶対に飲むなとは言えないので、、、

暑いと、ついついお酒の量が増えてしまいます。

ですが、お酒は水分補給ではなく、体の水分を減らしてしまいます。

アルコールを分解するのに体の水分が必要ですし、利尿作用もあるので、体が脱水状態になります。

二日酔いになるのは、これも原因です。

ただでさえ水分補給が必要な夏に脱水状態でバイク乗ったら熱中症になります。

ツーリングの前日は深酒しないで、さっさと寝ましょう。

寝る前にコップ1杯の水を飲むのを忘れずに!!

バイクの熱中症対策グッズ

熱中症対策に必要なものを3個、紹介しておきます。

冷凍ペットボトル
冷感ベスト
タオル

バイクに乗ってる時や休憩中に体を冷やせる物になります。

塩飴は必須なので、あえて説明はしません。コンビニで買って休憩中に食べましょう。

冷凍ペットボトル

ツーリングに行くときは凍ったペットボトルを1本持っていきましょう。コンビニで売ってる場合もあります。

これは飲む用ではなく体を冷やす用です。溶けたら飲んで大丈夫です。

溶けるとビショビショになるので、ペットボトルホルダーにでもいれて持ち運びましょう。

使用方法は冷凍ペットボトルを


ワキの下
内もも(足の付け根

に当てて体温を下げてください。

この辺りは皮膚の近くに太い血管が通ってるので、効率的に血液の温度を下げる事ができます。

実際にやってみると、ヒンヤリしてキモチいいです。体が冷えてる感じがします。

休憩の時に冷凍ペットボトルを使用して体温を下げましょう。

冷感インナー

さわると冷たく感じる生地で作られたインナーです。

接触冷感機能というものがあり、肌から生地に移動する熱量が大きいと冷たく感じます。

???

ちょっと難しいですよね?

こまかい説明は長くなるので、気になる人は調べてみてください。

冷たく感じることも重要ですが、吸水性と速乾性が高いのもポイントです。汗を吸って、すぐ乾きます。

汗が乾かないとベトベトして気持ち悪いですし、濡れてる服は通気性が悪く体温を下げにくいです。

冷感インナーの上にメッシュジャケットを着れば、けっこう涼しく走れます。

そんなに高くないので、試してください。

タオル

タオルを濡らして首に巻いておくだけでも、体温を下げる効果はあります。

冷凍ペットボトルのところでも書いた、首を冷やすやつのタオル版です。

さすがに運転中はペットボトルを首にあててる暇はないので、タオルを首に巻いて走行しましょう。

顔が汗をかいても、すぐ拭けるので便利です。

タオルだとちょっとカッコ悪いと思う人は「ネッククーラー」などで調べてみてください。

スポーツ用品メーカーのやつとかだとオシャレで、冷たさが持続する物や、保冷剤でより冷たいのもあります。

走行中はタオルやネッククーラーで首を冷やしながら運転しましょう。

バイクの熱中症対策は以上になります。

熱中症は本当に危険です。突然バタンと倒れたりします。

運転中に症状がひどくなったら確実に事故るので、熱中症対策をしましょう。




任意保険は比較で安くなる!!

バイクの維持費を安くする一番かんたんな方法は任意保険の料金を見直すことです。
保険会社も複数あり、おなじ補償内容でも保険料は変わってくるので、他社と比較することが必要です。
通販型とよばれる「ダイレクト系保険会社」は中間コストを削減できるため、バイク販売店などの代理店型より保険料を安くすることができます。
保険料が安くなればカスタムしたり、ツーリングの回数を増やしてバイクライフをより楽しくすることができます。
このまま高い保険料を払い続けて、損をするまえに任意保険を見直してみましょう。

【最短3分】一括見積もり【無料】
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー