【暑さ対策】夏のバイクを快適にする方法【避暑地ツーリング】

夏のバイク乗り
夏のバイクは暑いな…
メッシュジャケットって涼しいの?
夏をもっと快適にバイクに乗る方法はないのかな?

このような疑問に答えます。

夏のバイクは本当に暑いです。熱中症の危険もあります。

過去にバイク便をしてたこともあり、夏のバイクが大変な事はよく知ってます。しかも、都内を走り回ってたのでツーリングでの暑さとは比べものになりません。

そんな私が夏の暑さ対策について書いていきます。

しっかり対策して夏を乗り切りましょう。

スポンサーリンク

バイクの夏対策

ハッキリ言います。

夏のバイクは地獄です。何しても無駄です。

暑いのが嫌なら乗らなければいいだけです。

そんな事を言われてバイクに乗らないライダーもいないと思うので、少しでも快適に走れるようにしていきましょう。

バイクに乗る装備
バイクに乗る時間
バイクに乗る場所

これらを意識して夏対策していきます。

では、解説していきます。

バイクに乗る装備

少しでも快適にするためには、装備から考えていきましょう。

ジェットヘルメット
メッシュジャケット
メッシュグローブ
メッシュシューズ
メッシュパンツ

オススメ順になってます。

基本的にはメッシュ素材でそろえていけば、涼しいです。

とはいえ、全メッシュにするとお金もかかるので、必要なものだけ買っていきましょう。

安全性と快適性

安全性を考えると装備が増えるので、快適さは少なくなってしまいます。

安全性と快適性の両立は難しいです。

ですが、夏にガチガチの装備で走っても熱中症の危険もあるので、自分の運転技量と相談して装備をそろえていきましょう。

ジェットヘルメット

フルフェイスでも空気を取り入れやすい構造になってる物も多いですが、やはり暑いです。なんか息苦しい…

ジェットヘルメットならシールドを上げれば、解放感はあるし、顔に風を当てることができるので涼しく感じます。

頭に熱がこもるとボーっとしてきたり、汗が目に入って視界が奪われます。

もちろんフルフェイスよりかは安全性はおとるので、よく考えたい装備です。

フルフェイスとジェットヘルメットの中間的なシステムヘルメットもオススメです。

メッシュジャケット

夏を安全性も考えて快適に走るならメッシュジャケットは必須です。

迷わず買いましょう。

暑いからといって半袖で走るのは危険ですし、日焼けでヒリヒリして後悔します。

半袖の上にメッシュジャケットを着れば走行中なら涼しく、腕に直射日光も当たらないので半袖だけよりも快適です。

信号待ちはちょっと暑苦しいですが、我慢しましょう。

私の使用しているコミネのメッシュジャケットは

背中


にプロテクターが入ってるので、ちょっとした転倒ならダメージは少なくなりそうです。

コミネのメッシュジャケット
コミネのメッシュジャケット

このくらいのジャケットを買えば安心できます。

ジャケット選びに迷ったらコミネを買えば大丈夫です。

夏のバイクを快適に乗るためにメッシュジャケットは買いましょう。

メッシュグローブ

手が暑いと思う人や手汗で濡れるのが嫌ならメッシュグローブがオススメ。

バイク用のメッシュグローブなら、しっかりとプロテクターがついてるので安心です。

私の場合、手が暑いのはそんなに気にならないけど、手汗でビショビショになるのがツライのでメッシュグローブを使ってます。

メッシュなので乾くのが速いです。

転倒したら手はついてしまうので、グローブは必ず着けましょう。

メッシュシューズ

靴はそんなにメッシュにこだわる必要はないと思ってます。

足が暑いって思うことよりも、靴の中のムレをなくすために使用することが目的のような気がします。

たしかに、夏は靴の中がムレてシットリしてきます。そして臭くなります。

靴を履かないときは風通しのいい場所に置いて、しっかり乾かしましょう。

メッシュパンツ

足回りを涼しくしたいならメッシュパンツもオススメですが、値段が高いです。

プロテクターつきなんて1万円くらい余裕で超えてきますからね。

ツーリングくらいなら足回りにプロテクターはつけないので普通のパンツで十分だと思ってます。

パンツは気持ち大きめのサイズが涼しくできます。

ピッタリのパンツを履くと汗で足に張りついて動きにくいし、暑いです。

空気抵抗が〜、バタつきが〜、と言う人もいると思いますが、多少バタバタしてたほうがパンツの中の空気が循環してくれて涼しいです。夏は快適さ優先。

次に話す改造パンツの方が涼しいのでメッシュパンツはお金に余裕があれば程度にしておきましょう。

改造パンツ

改造パンツが暑さ対策で1番オススメです。

足回りを涼しくするならパンツの中の空気の循環がポイントです。股あたりのムレが少なくなります。

なので、私はパンツを改造して空気を取り込みやすくしてます。

やり方は、パンツの内ももあたりに切り込みをいれてチャックを取り付けるだけです。

バイクの暑さ対策
バイクの暑さ対策
バイクの暑さ対策

大股開きで走ればガンガン風が入ってきて超涼しいです。

ちょっと大きめのパンツなら、パンツの下に膝プロテクターをつけることも可能です。

本気でオススメですが、誰もマネしてくれません…

ワークマンで2000円くらいのパンツを買ってきて、100円ショップのチャックを取り付けるだけなので安くすみます。

裁縫が苦手でもちょっと頑張れば作れるので、やってみてください。

夏のバイク装備

参考程度に私の夏のバイク装備を書いておきます。

バイクの服装やプロテクターの装着は個人の判断になり基準もないので、どこまでやっていいのか難しいです。

少しでも参考になればと思います。

ツーリングくらいなら

ジェットヘルメット
Tシャツにメッシュジャケット
ワークマンのグローブ
ワークマンの安全靴
改造パンツ

こんなもんです。わりと軽装です。

転倒や事故ったらダメージが大きいことも理解してます。なので運転も控えめにしてます。

しかし、峠道でちょっと遊ぼうかなと思ってる時は暑かろうがなんだろうがフルフェイスに革ツナギです。

みなさんも、運転の仕方、技量、遊び方に合わせて真剣に装備は考えてください。

もしもの時に後悔しないように!!

スポンサーリンク

バイクに乗る時間・場所

暑くない時間や場所でバイクに乗りましょう。

好きな時間に好きな場所へ行くのがバイクの楽しいところですが、それだと暑さに負けます。

街中を走るのと山道を走るのとでは、全然温度が違います。

時間と場所も考えてバイクを楽しみましょう。

バイクに乗る時間

午後の1時から3時くらいはバイクに乗らないようにしましょう。

この時間帯が1日のなかで1番暑くなります。

太陽の光で地面などが温められるので、地面からの熱がハンパないです。

ツーリングなら朝早く出発して1時くらいまでに帰ってくれば、十分楽しめます。

5時に出発すれば8時間バイクに乗れます。

もしくは1時くらいに目的地につくようにして、暑い時間帯はお昼休憩や観光をしてなるべくバイクに乗らないようなプランをたてるのも効果的です。

暑い時間帯になるべく乗らないような計画をたてましょう。

バイクに乗る場所

夏は、涼しい場所にツーリングにいきましょう。

海よりも、山方面の方が涼しいのです。いわゆる避暑地です。

東京から避暑地にいくなら

長野県の軽井沢
群馬県の伊香保
栃木県の日光

このあたりで走るのが涼しくて快適です。

峠の頂上付近なんかは、ちょっと肌寒く感じることもあります。

先程も話した暑い時間帯に涼しい場所で走れるようなツーリングプランを考えれば夏でも楽しくバイクに乗れます。

今回は以上になります。

夏のバイクはツライけど、装備と走る時間や場所を考えれば楽しく乗れます。

熱中症にならないように、こまめに休憩と水分補給でバイクを楽しみましょう

昭和シェル

ガソリン代を安くする方法【年会費無料のクレジットカードを使う】

【バイク乗り必見】バイクが活躍する映画など10選【無料視聴あり】




任意保険は比較で安くなる!!

バイクの維持費を安くする一番かんたんな方法は任意保険の料金を見直すことです。
保険会社も複数あり、おなじ補償内容でも保険料は変わってくるので、他社と比較することが必要です。
通販型とよばれる「ダイレクト系保険会社」は中間コストを削減できるため、バイク販売店などの代理店型より保険料を安くすることができます。
保険料が安くなればカスタムしたり、ツーリングの回数を増やしてバイクライフをより楽しくすることができます。
このまま高い保険料を払い続けて、損をするまえに任意保険を見直してみましょう。

【最短3分】一括見積もり【無料】
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー