バイク用ヘルメットのメーカーを紹介【オススメのメーカー5選】

ヘルメットが欲しい人
バイク用のヘルメットが欲しいけど、どんなメーカーがあるのかな?
やっぱりアライやショウエイを買ったほうがいいの?
海外製のヘルメットでカッコいいのがあるけど安全性は大丈夫なの?
オススメのヘルメットメーカーを教えてください
このような疑問に答えます

バイク用ヘルメットはたくさんあり、どれを買っていいのか悩んでしまうこともあります。

まず間違いなく言えることはヘルメット選びに迷ったらArai(アライ)かSHOEI(ショウエイ)を買えば大丈夫です。

日本製で安全性も高く信頼できるメーカーです。

ですが、「海外製のカッコいいヘルメットを被りたい」、「他の人と同じメーカーを使いたくない」などの理由で、いろいろなメーカーを知りたいとはずだと思うので紹介していきたいと思います。

私もすべてのヘルメットを被ったことがあるわけではないですが、バイク用品店で気になるものがあれば試着してみたり、友人がカッコいいヘルメットを被っていたら感想を聞いてマネして購入することもあります。

このような経験からバイク用ヘルメットのメーカーについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

ヘルメットメーカーの一覧

メーカー価格
Araiアライ日本
SHOEIショウエイ日本
OGK KABUTOオージーケーカブト日本
WINSウインズ日本
YAMAHAヤマハ日本
LEADリード工業日本
Marushinマルシン工業日本
DAMMTRAXダムトラックス日本
SIMPSONシンプソンアメリカ
BELLベルアメリカ
ICONアイコンアメリカ
AGVエージーブイイタリア
SUOMYスオーミーイタリア
NOLANノーランイタリア
MOMO DESIGNモモデザインイタリア
SHARKシャークフランス
ROOFルーフフランス
HJCエイチジェーシー韓国
MHRエムエイチアール中国

日本メーカー、海外メーカーともに私が知っているものを書き出してみました。

まだまだヘルメットメーカーはありますけど、とりあえずこのくらい知っておけば大丈夫です。

日本メーカーだとありきたりなデザインが多かったりしますが、海外メーカーだと奇抜なデザインやカッコいいものがあるので、いろいろと探してみてください。

オススメのヘルメットメーカー

数あるヘルメットメーカーから私のオススメを紹介しておきます。

  • Arai
  • SHOEI
  • OGK KABUTO
  • SIMPSON
  • SHARK

この5つをオススメしています。

オススメする基準としては

  • 安全性
  • 装着感
  • デザイン

このくらいです。

正直、私がヘルメットに求めるものは安全性だけで、それだとつまらないのでデザインもちょっと気にするくらいの感覚です。

装着感に関しては、個人差があるのでなんとも言えないですが、実際に私が使ってみて被り心地がいいものです。

この5つは、まず間違いない商品なのでヘルメット選びに迷ったら検討してみてください。

日本メーカーがオススメな理由

上記で紹介したメーカーのうち3つは日本メーカーです。

  • Arai
  • SHOE
  • OGK KABUTO

アライとショウエイは日本を代表する2大メーカーです。

そして世界的にも有名なメーカーでもあります。

OGKは日本メーカーの3番目に位置づけている感じのメーカーです。

たぶん日本のバイク乗りは、だいたいこの3つのどれかを被っていることが多いと思います。

この3つの日本メーカーをオススメする理由が次の通りです。

  • 日本メーカーだから
  • パーツが買いやすい

このような理由でオススメしています。

日本メーカーだから

なんとも雑なオススメのしかたで、ごめんなさい。

でも日本メーカーって聞くとなんか安心しませんか?

さらにそれが世界的にも有名なメーカーならなにも文句はありません。

ヘルメットを買うということは同時に安心感を買うということになります。

そして、日本メーカーなら日本人のことを考えられて作られていることもありフィット感や快適さも海外製品よりも高いです。

海外の人と日本人では根本的な骨格の形が違うこともあり、海外製のヘルメットではフィット感が薄れ違和感になることもあります。

なので、安心感があって日本人設計された日本メーカーのヘルメットがオススメです。

パーツが買いやすい

ヘルメットにもいろいろなパーツがついていて、それを壊してしまったりして新しいのに交換したいときなんかも購入がしやすいです。

  • シールド
  • 内装
  • ダクトパーツ
  • シールドベース

内装が汚れてくれば交換したくなりますし、シールドだってキズついていくので交換しなくてはいけません。

ヘルメットを落としてしまえば、空気を取り込むためのダクトパーツなんかすぐに壊れます。

日本メーカーなら、これらのパーツもバイク用品店に行けはすぐに購入できますけど、メジャーではない海外製品だとシールド1つ交換するだけでも見つからなくて苦労してしまうメーカーもあります。

スモークシールドやミラーシールドに交換したくても、なかなか好みのものが手に入らなくて新しいヘルメットを購入することになってしまうことだってあります。

日本メーカーはパーツも豊富で安心です。

スポンサーリンク

アライとショウエイならどっちがいいですか?

これもよくある質問なんですが、結論としてどちらでもOKです。

好きな方を選んでください。

どちらも安全性は高いので、デザインとかフィット感で大丈夫です。

  • アライは安全性を追求
  • ショウエイは機能性を追求

一応こんなイメージです。

ちなみに私はアライ派です。

これは本当にどちらでも大丈夫なので安心して好きな方を選んでください。

他人と同じものが嫌なら海外製

  • 他人と同じようなのはイヤ
  • みんなとは違うので目立ちたい

このように思うなら海外製品を選んでみてください。

やはり海外の方が奇抜なデザインだったり、日本メーカーでは見かけないような形も多くあります。

この記事でオススメしているシンプソンとかだと使用している人は多いほうですが、それでもちょっと変わったデザインになっているので目をひきます。

海外メーカーはカッコいいヘルメットが多く存在するので、探してみてください。

メーカーでサイズが異なる

ヘルメットを選ぶときはメーカーごとのサイズに注意しましょう。

Mサイズと表記されていても、どのメーカーも同じだとは思わないで頭囲で判別してください。

アライのMサイズだったから他のどのメーカーでもMサイズで大丈夫なんて安易に買ってしまうと、思いのほか小さかったりして困ることもあります。

ちょっとくらいの差であれば、被り続けていれば、馴染んてちょうどよくなることもあるし、内装で調整したりすることもできます。

ですが、完全に頭が入れにくようなものだと、どうにもなりません。

残念ですが買い替えるしかないです…

日本メーカーなら頭囲だけでサイズを判定しても、わりと大丈夫ですけど、海外メーカーを買うときは注意してください。

メーカーごとの安全性の違い

どのメーカーなら安全ですか?

こんな質問もよくされます。

答えはどこも安全ですし、どこも安全ではないかもしれないです。

正直なところ、わかりません。

ただ1つ言えることは、アライのヘルメットが世界で1番安全と言われていることぐらいです。

安全か安全でないかを判別する方法が、安全規格くらいしかなく、アライは1番難しい安全規格のさらに上のアライ規格という独自の規格で開発しています。

  • JIS規格
  • SNELL規格

他のメーカーでも、このような規格に通っていれば安全なヘルメットであるといえます。

しかし、安全規格を通してなくても安全性が高いと言われているヘルメットも多く存在します。

実際のところ、私も転倒して頭を強く打ったことはないので、ヘルメットの安全性については断言できる保証はなにもないです。

たぶんほとんどの人が無理だと思います。

「アライのヘルメットだから助かったよ、OGKだったらちょっと危なかったな」

私はバイク歴20年以上ですけど、こんな会話はしたことがないです。

もしかしたらプロのレーサーとかならあるのかもしれないですけど…

心配なら世界で1番安全と言われているアライにしてみてください。

人気記事【安い】ワークマンで買えるバイク乗りにおすすめの商品10選
人気記事バイクを売るときの手順【損をしない売り方を徹底解説】




任意保険は比較で安くなる!!

バイクの維持費を安くする一番かんたんな方法は任意保険の料金を見直すことです。
保険会社も複数あり、おなじ補償内容でも保険料は変わってくるので、他社と比較することが必要です。
通販型とよばれる「ダイレクト系保険会社」は中間コストを削減できるため、バイク販売店などの代理店型より保険料を安くすることができます。
保険料が安くなればカスタムしたり、ツーリングの回数を増やしてバイクライフをより楽しくすることができます。
このまま高い保険料を払い続けて、損をするまえに任意保険を見直してみましょう。

【最短3分】一括見積もり【無料】
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー