モトブログに必要な機材5選【初期費用は安くしよう】

モトブログを始めたい人
モトブログやってみたいけど何の機材が必要なのかな?
動画編集もしないといけないからパソコンがないとダメかな?
お金がかかるな、、、

このような疑問に答えます

バイクに乗ってるなら始めてみたいモトブログですが、なにから買っていけばいいのかわからないし、あれこれと買ってもお金がなくなっていくだけです。

最初から機材にお金をかけたくないと思うので、必要最低限で始められるようにしましょう。

僕もOsmo Actionの購入をきっかけにバイクでの使用方法なども研究してモトブログを楽しんでます。

スポンサーリンク

モトブログに必要な機材

スマートフォン
アクションカム
外部マイク
USB電源
パソコン

今回は、この5つを紹介していきます。

スマートフォン

スマホがあればモトブログを始めることはできます。

動画を撮ってYouTubeに投稿するまでのことはできるので、ほとんどの人が今すぐ始められます。

もちろん走行動画を撮るのは難しいですが

ハウツー系
商品レビュー
バイクの紹介
カスタムのやり方
メンテナンス方法

などアイデアしだいでなんでもできます。

最初から機材にお金をかけたくないのであれば、スマホ1つから始めてみましょう。

スマホ用ジンバルがあれば綺麗な映像が取れてオススメですが、ちょっとお金がかかるので余裕があるなら、ためしてみてください。

DJI Osmo Mobile 3

DJI Osmo Mobile 3を使ってみた感想【驚きの手ぶれ補正】

スマホで動画編集

簡単な動画編集もスマホでできます。

スマホ用の動画編集アプリも高性能で、無料で使える物も多いです。

・iPhoneならiMovie

・androidならVLLO

まずはこのあたりからやり始めて、動画編集の練習をしましょう。

機能がたりないと思ったら有料のものに手をだしていけば大丈夫です。

動画編集アプリはいろいろあるので、自分が使いやすいものを見つけましょう

スマホ1つでモトブログを始める

まず最初はスマホ1つで始めてみましょう。

スマホさえあれば一通りの流れがわかります。

①撮影
②動画編集
③YouTubeに投稿

何回か体験すれば、必要な機材もわかり今後も続けていけるかもわかります。

高価な機材をそろえてから始めようとするとお金がかかるので最初はスマホだけで練習することをオススメします。

続けられそうならこのあと紹介するアクションカムなどを購入していきましょう。

アクションカム

走行動画を撮るならアクションカムが必要です。

このあたりから選びましょう。

迷ったらGoProを買えば大丈夫です。

理由はみんなが使ってるからです。使い方がわからなくてもネットで検索すればGoProの情報ならたくさんありますし、友人もGoProを使っているならバッテリーやパーツの貸し借りもできます。

ちなみに私は値段が安かったのでOsmo Actionを使用してます。こちらもGoProとたいして性能は変わらないので安くすませたいならOsmo Actionもオススメです。

モトブログを本格的にやるならアクションカメラは必須アイテムになるので購入しましょう。

マウント

アクションカムをヘルメットやバイクに取り付けるためにはマウントが必要になります。

どこにアクションカムを取り付けたいかを決めて購入しましょう。

ヘルメットトップ
ヘルメットサイド
ヘルメットチン
ハンドルバー
テールカウル

いろんな場所に取り付けることができます。

フルフェイスを利用しているのならのあごの部分に着けている人が多いです。

まずはチンマウントセットを買って必要に応じて買い足していくのがオススメです。

SDカード

動画を保存するのにSDカードが必要です。

容量とスピードクラスに注意して購入してください。必要なスピードクラスがないと録画が中断されたりして撮影に支障がでます。

容量は128GBで5時間くらい撮影できるので、このくらいあれば大丈夫です。

128GB
UHSスピードクラス3

を買えば大丈夫です。僕もOsmo Actionで使ってますが問題ありません。

SDカードの選び方を見れば必要な容量やスピードクラスがわかるので参考にしてください。

せっかく頑張って撮影したのにうまく撮れてなかったなんてことがないようにしましょう。

スポンサーリンク

外部マイク

バイクを運転しながら話したり、排気音を綺麗に撮るなら外部マイクがあると便利です。

簡単に説明すると、アクションカムに外部マイクを接続してヘルメットの口もとあたりにマイクを着ければいいだけです。

排気音を撮りたいならマフラー付近にマイクを取り付ければOK

外部マイクは安いものでも大丈夫ですが、GoProとOsmo Actionともに専用のアダプターが必要になります。

両方とも5000円くらいして地味に痛い値段ですが、ないと音声が撮れないので購入しましょう。

風切り音対策

上記では簡単に説明しましたが、マイクの取り付け位置がモトブログをやるのに難しいポイントです。

ヘルメット内にマイクをつけても音声の撮れ方や風切り音が入ってしまうポイントがあります。

ベストな取り付け位置や風切り音対策は自分で見つけるしかないので、いろいろ研究してから本番の撮影をしてください。

USB電源

バイクから充電できるようにUSB電源をつけておきましょう。

スマホやアクションカムをいつでも充電できると安心感が違います。撮影しながら充電することも可能になります。

いざ撮影しようとしたら充電切れになり、予備バッテリーも充電されてなかったりすることもあります。

ツーリング先でのバッテリー切れは絶望感しかありません。充電待ちなんて無駄な時間をすごしたくなければUSB電源はつけておきましょう。

パソコン

パソコンは最初から必要ではないですが、いつかは買うことになると思っていましょう。

簡単な動画編集ならスマホでもできますが、走行動画となるとデータ容量も大きくなりスマホでの編集に限界がきます。

作業効率をあげるためにもパソコンが必要となってきます。

僕も低スペックスマートフォンしか持っていなくてスマホ編集だと不都合が多いので、パソコンで編集してます。

しかも、動画編集できるパソコンとなると、ある程度のスペックが要求されるので値段が高いものを買わないといけません。

必ず買うことになるので覚悟しておきましょう。

パソコンを持ってなくて、モトブログを始めるとなると初期費用が高いです。

スマートフォンは持っていると思うので

アクションカム
外部マイク
SDカード
マウント
パソコン

いろいろ買うと15万円は余裕で超えます。

よく考えて必要ものだけ買っていきましょう。

セルフバックを使えばアクションカムが購入できるくらい稼げるので、ためしてみてください。

今後You Tuberとして稼ぎたいのであれば、アフィリエイトの知識も必要になるので、ついでに勉強しておきましょう。

【簡単】セルフバックで稼ぐ方法!画像付きで解説【5万円稼ぐ】

EneKey

メリットのみ!エネキー(EneKey)でセルフ給油を簡単にしよう




任意保険は比較で安くなる!!

バイクの維持費を安くする一番かんたんな方法は任意保険の料金を見直すことです。
保険会社も複数あり、おなじ補償内容でも保険料は変わってくるので、他社と比較することが必要です。
通販型とよばれる「ダイレクト系保険会社」は中間コストを削減できるため、バイク販売店などの代理店型より保険料を安くすることができます。
保険料が安くなればカスタムしたり、ツーリングの回数を増やしてバイクライフをより楽しくすることができます。
このまま高い保険料を払い続けて、損をするまえに任意保険を見直してみましょう。

【最短3分】一括見積もり【無料】
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー