いきなり大型二輪免許の取得はやめた方がいい理由【料金・期間を比較】

バイクに乗ってみようかな?カッコいいバイクに乗りたいな、なんて考えてバイク雑誌をよんでると目に飛び込んでくるのは大型バイクばかり。

バイクの先輩たちも「大型イイよ、大型乗りなよ」なんて言ってるから、いきなり大型二輪免許とった方がいいかな?

こんな疑問に、バイク歴20年、「いきなり大型二輪免許って取れますか?」と質問されたこと多数の私が答えます。

大型二輪免許を取得してしまえば、すべてのバイクに乗ることができるようになるので持っておいて損はないです。

ですが、いきなり大型二輪免許の取得はオススメしてません。もちろん普通二輪より料金も高いです。

他にもバイクに乗れる免許はあるので、バイクの免許は7種類、乗りたいバイクや使用用途にあわせて選択しよう、この記事も参考にしてください。

この記事でわかること
いきなり大型二輪免許はやめよう
本当に大型二輪は必要なのか?
スポンサーリンク

いきなり大型二輪免許は取得可能?

可能です。

18歳以上で、視力が0.7以上あれば大丈夫です。色彩識別能力や聴力検査もありますが健康体なら問題ないでしょう。

ですが何も免許を持ってない状態で大型二輪免許の取得はオススメできません。

やめた方がいい理由

理由は4つあります。

費用が高い
教習が長い
運転が難しい
乗らなくなる

では1個づつ説明していきます。

費用が高い

合宿免許予約センターの合宿免許わかばから相場に近そうな教習所で比較表をつくりました。参考に車の免許、車とバイク同時教習の料金もあります。税抜きで、一番安いプランで表記してます。

取得したい免許所持免許料金最短期間
大型二輪なし261,000円16日
大型二輪普通二輪99,500円6日
大型二輪普通車182,500円14日
普通二輪なし99,500円9日
普通二輪普通車89,500円9日
普通車なし225,000円17日
普通車普通二輪205,000円17日
同時教習なし275,000円23日

表を見てもらって気づいた人もいるとおもあますが、いきなり大型二輪免許はなぜか異常に料金が高いです。

車の免許より高くなってます。私の調べたところ25〜30万円位が相場ですが、教習所によっては20万円くらいで安かったり、30万円以上で異常に高い教習所もありました。料金が安定してないです。

普通二輪取得後に大型二輪を取得しても、合計199,000円ですみます。

普通二輪99,500円
大型二輪99,500円
合計金額199,000円

いきなり大型二輪免許は、261,000円かかります。こちらの方が高くなってしまいます。

このような現象がいろんな教習所でおきています。どちらの方が料金を安くできるのか、相場の価格を把握しておきましょう。

時間に余裕があって料金の安い教習所があれば問題ないので、いきなり大型でもいいかなと思います。

所持している免許や合宿と通学でも料金がかわってくるので大型二輪免許の取得期間は最短何日?期間・費用を合宿と通学で比較も参考にしてみてください。

教習が長い


大型二輪免許は最短16日、普通二輪免許なら最短9日で教習所は卒業できます。

いきなり大型
①合宿(大型二輪)を最短16日で卒業
②免許センターで1日
最短17日で免許取得

いきなり大型二輪は最短17日で免許を手に入れる事ができます。続いて普通二輪を取得した後に大型二輪を取得した場合を見てみましょう。

二輪免許取得後に大型二輪免許取得
①合宿(普通二輪)を最短9日で卒業
②免許センターで1日
③合宿(大型二輪)を最短6日で卒業
④免許センターで1日
合計で17日で大型二輪免許取得


このように、いきなり大型でも普通二輪からでも日数は変わりません。なんならいきなり大型の方が運転が難しいので追加教習や卒検不合格になってしまう可能性があるので期間がのびてしまう事もあります。

運転が難しい

大型バイクの運転は難しいです。400ccなどとくらべると車体も大きくなりパワーも上がります。

ですが、教習に関して言えばたいして問題ないと思ってます。男性なら気合でなんとかなるレベルです。

大型の教習車はNC750Lという車種を使っていて乗りやすいバイクです。

たとえば身長170cm体重60kgの男性がNC750L(車重217kg)を運転するのと、身長155cm体重50kgの女性が普通二輪免許の教習車CB400SF(車重198kg)を運転するのでは難易度は変わらないくらいではないのかなと思います。

155cm位の女性が400ccのバイクを乗ってるのはよくある事なので、男性が750ccを運転するくらいなら問題ないと思ってます。

あくまで教習だけの話です。公道での運転はまた別物です。免許取得後にいきなり1300ccなど購入は危険です。

乗らなくなる

大型だけではなく、中型バイクでもよくある事なのですが、バイクに乗らなくなる可能性があります。

乗らなくなる理由
バイクに飽きる
金銭面が追いつかない
楽しい乗り物ではなかった

だいたいこんな理由です。

バイクは楽しい乗り物ですが、過酷な乗り物でもあります。

最初は楽しいイメージだけで免許を取得しますが、実際乗ってみると雨が降ったりガソリンや維持費でお金がかかったりしてバイクを降りてしまう人をたくさんみてきました。

バイクは想像以上にお金のかかる趣味です。

乗り続けるかわからない物にお金をかけるのは、もったいないので普通二輪免許から取得しましょう。

関連記事:バイクはお金のかかる趣味です【安く維持する方法を解説】

いきなり大型二輪免許は必要なのか?

そもそも大型二輪免許は必要なのでしょうか?いきなり大型に乗りたがる人はだいたいこんな理由です。

欲しいバイクが大型
大型バイクへの憧れ
大型バイク=偉い
見栄をはりたい

バイクが楽しい、超距離のツーリングに行きたいなどと思ったら必要な免許ですが、最初からはいらないです。

欲しいバイクが大型

大型バイクはカッコイイです。その気持ちは十分わかります。

しかし、頑張って手に入れたカッコイイ大型バイクを、技量不足によりこかしてしまい大事な愛車に傷をつけてしまうかもしれません。

バイクに乗り始めたばかりの頃は立ちゴケくらいはしてしまうものです。特に車重の重い大型バイクならなおさらです。

250cc位のバイクでなれてから、欲しい大型バイクを購入した方がいいです。

関連記事:250ccバイクのメリット・デメリット【初心者のバイクに最適】

大型バイクへの憧れ

大型バイクに憧れてしまうのは、バイクに乗った事がないからです。

バイクに乗った事がある人なら少なからずバイクの過酷な部分も体験してるはずです。夏はエンジンの熱で暑いし、冬は尋常じゃなく寒いし、他にもたくさん大変なことがありバイクに幻滅します。

大型バイクのメリット、デメリットも考えてみましょう。

大型バイク=偉い

この考え方は完全に間違えてます。

バイクは排気量を競うものではありません。楽しく乗ればいいのです。

見栄を張りたい

見栄を張って大型バイクに乗っても良い事はありません。

バイクに乗ってる姿を見たら初心者だとばれます。技量不足やぎこちない運転でカッコ悪いです。

ヨロヨロ大型バイクを運転してるよりも、250ccのオフ車でキビキビ運転した方がカッコイイです。なんならフロントアップ(ウィリー的な)くらいしてあげれば羨望の眼差しを浴びれます。公道ではダメですよ。

バイクで見栄を張るよりも正しい運転技術を習得した方がカッコイイです。

スポンサーリンク

最後に

バイクは楽しい乗り物です。しかしお金がかかる遊びでもあります。

時間とお金に余裕がある人なら、いきなり大型二輪免許の取得もアリだと思いますが、普通二輪免許を取得して、400ccのバイクに乗りながら、いずれ大型バイクに乗ろうと目標をもってた方が楽しいと思います。

人気記事【安い】ワークマンで買えるバイク乗りにおすすめの商品10選
人気記事バイクを売るときの手順【高く売るためにやるべきことを徹底解説】




任意保険は比較で安くなる!!

バイクの維持費を安くする一番かんたんな方法は任意保険の料金を見直すことです。
保険会社も複数あり、おなじ補償内容でも保険料は変わってくるので、他社と比較することが必要です。
通販型とよばれる「ダイレクト系保険会社」は中間コストを削減できるため、バイク販売店などの代理店型より保険料を安くすることができます。
保険料が安くなればカスタムしたり、ツーリングの回数を増やしてバイクライフをより楽しくすることができます。
このまま高い保険料を払い続けて、損をするまえに任意保険を見直してみましょう。

【最短3分】一括見積もり【無料】
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー